ホーム > 悟りの扉 > 気付き NO.11~15

気付き NO.11~15

NO.11 どんな感じ2


真実とは逆説パラドックス!

 


つまり「問題視している自分自身の事を問題視しない!」に繋がり、
『そんな凸凹な自分を受入れて自愛』をしていると、
その問題視していた状況が受入られるようになり、
それに伴うあらゆる感情体験をも受入れる事が出来るようになります。

この宇宙は、ハート感情プログラムの投影ですから、
そうしていると、問題視として顕現していた事象が「お役目終了」となり、問題にならなくなります。


つまり、その問題視していた問題が、問題でなくなります。

 

 

 


全ては、そのエゴの思考暴走体験ゲームですら、貴方自身で遊んでいただけだもの。

 

 

 

つまり、その思考エゴ自我の暴走、
『善悪の因果応報でグルグル輪廻の2元性マトリックス幻想世界の放蕩息子ゲーム』も、
自ら望んで参加してどっぷり嵌まっていただけなのですから。


 


だからこそ、その放蕩息子思考暴走ゲームに飽きてきた貴方自身に対して、
それまでの旧式ゲームで遊んでいたやり方、つまり次から次へと問題視する事自体を、
「それでよかったのだ!」と、受入れてしまうのです。
それらは神の計画の顕われアート作品だったのですから。



旧式ゲームからの移行時期は、誰でも最初は戸惑うものです。
何事も単なる慣れですから...。だから『これでいいのだ!』


 

 



貴方自身が、この宇宙遊園地に飛び込ませた「張本人」、宇宙遊園地の創造主なのですから。



 

 



その大元の神目線で、観て遊ぶのがポイント。
全てが自作自演のセルフプロデュースだったのだもの。

つまり、貴方はこの宇宙遊園地の創造主で主人公。
全てを丸っと包み込んで受入れる、それがハートの神の「愛」。

愛の祝福に満たされた、悲しみや苦しみのドッキリ劇場だったのですから。
ただただ、寄り添って、いつでもどこでも、どんだけ凸凹だと認識していたとしても、

『これでいいんだよ!それでいいんだよ!』



 

 


受入れる事が出来ると、執着していた事に対して「パッと手を放す事が出来る」ので、
ハートの「今」に、つまり、変容し続ける永久の「今」に在り続ける事が出来る。


まぁ、小難しい事はメンドウな理屈は、横に置いておこう。
自分にも相手にも『うんうん!うんうん!そうだね!』とただ寄り添うだけでいい。

 



ハートが投影する現実宇宙。




その映し出された現実世界を「うんうん」とこれでいいのだ!と全てを受入れる事で、
変容し続けられるその「道」に沿って遊ぶ新しい遊びを始める事が出来る。

その現実世界とは、神であり、また、自分自身なのだから....。

 

 

だからこそ

『うんうん、そうだねぇ!=これでいいのだ!』

So what?  だから何?『うんうん、それでこれでいいんだよ!』
一休さんじゃないけれど『細かい事は、気にしな〜い、気にしない!』



 

今のその貴方自身をそのまま、ありのまま、あるがままに受入れるのです!
エゴに思考に感情振り回されて暴言吐いていたとしても、思い悩んで凹んでても、
ブリプリ怒ってても、孤独に張り裂けそうだったとしても、自愛出来てなかったとしても、
全部それでいいんだよ!




 

全ては、その苦しみでさえ、計画通りに事が運んでいるのだから!



 

今、ガラスの仮面を被って鉄兜に甲冑の鎧を纏って『嘘笑顔で頑張って』いても、
それでいいんだよ。これでいいんだよ。





全部その「趣味」で台本書いて演じて遊んでいただけだもの。

 


今のその貴方自身を「これでいいのだ!」と愛する自愛する事。
例え自愛出来てなかったとしても、その今の貴方自身を愛する事。

全ては、神の計画、人生劇場の台本に正確に完全完璧に沿って展開してるのだから!

 

 

 

 

全てに「うんうん。悲しいねぇ、ムカつくねぇ、嬉しいねぇ、そうだねぇ!」って、
それでいいのだ、これでいいのだ。  

もし、今、何かを悩んでいたとしても、落ち込んでたとしても、何かを探していたとしても、
その今をそのまま、何もかもを、ただ受入れるだけで大丈夫!

 



受入れられないでいたのなら、その受入れられない自分をまず受入れるのさ。
今の自分を受入れ愛するのさ!

恐れに怯えているその「今」の自分を受入れる、愛する。
そこから始まる。






貴方の立ち位置が、今ドコであろうと、これでいいんだよ、それでいいんだよ。
貴方はいつでも、今ここに居る在るのだからbe here now、それはいつでも丸っと全部OKなのさ。
人生とは単に双六ゲームの駒の進め具合と同じなのだから。
スピード競争なんかじゃないのだから。

 

 

 


 

大丈夫さ! それでいいんだよ!これでいいんだよ!shine

 


 

 


悩んでても、落ち込んで凹んでても、何かに抵抗して頑張ってたとしても、今のその貴方のままでいいんだよ! happy01

 

 

 

 

 

 

                                Tchaikovsky: Piano Concerto No.1 - Evgeny Kissin - Seiji Ozawa 1995
                                               

 

 

 

 

 

 

今ここハートヒーリング癒しサロン - どんな感じ♡?を感じたその全てを包み込む愛で自ら癒し悦び踊る 「MINSTREL」

NO.12「喜怒哀楽」

 

 

「喜怒哀楽」つまり感情。
本来本当は、そんなモン無いのさ。
全部創作されたお楽しみ体験型アトラクションって訳。



物質次元が低く、
実相の非物質次元が高尚で高い次元?
次元上昇アセンション?
それも全部エゴ意識が創作した幻。


顕在意識、潜在意識、集団意識、宇宙意識へと拡大しても、
全部それらは投影された側、創造された側なんだよね。
意識は観察し分析し、あれこれ良い悪いだのと評価する。
それって「全部」エゴの仕業、エゴの性質で特徴。




 


宇宙ってね、ハートの中に丸ごとポッカリ入ってるんさ。
それなのに、高次元で低次元って分けたり、
高次が高尚で、低次元が下等だとか、勝手に優劣付けてみたり、
物質・肉体は下等で非物質が高等だとか、
(身体はミクロコスモス、フラクタルでホログラムな宇宙そのもの)
現実と夢とを選り分けたり、それら全部エゴ意識の仕業。

で、次元上昇しましょう!と、今の貴方自身を卑下し、
自らその創造の源から切り離し、
自分軸を放棄してしまい、
人格神を又は叡智を齎す地球外宇宙人を、崇め、
その虚像の神や、高度文明を持つ地球外人や、
そして身近だと親や師匠や社会の常識にハンドルを握らせて、
貴方の人生そのものを自分自身で放棄してしまっている。

 

(つまり吾神也を忘れ、
 貴方が神の側面である1個性である事を忘れてしまい)


自分を見失って魂磨きや、修行や努力頑張りに走る。
本来完全完璧な顕現である現実幻想世界の景色を、
「変えよう」とそう考えている事自体が、
お門違いで的外れ、お話になりません!って訳だったのです。

 





自分自身は駄目だ〜!何しても駄目だ〜!と自己否定に走らせ、
自身に限らず、彼奴は駄目、彼奴のせいだ!と、
挙げ句の果てにはエゴのせいだ!
エゴを放下せよ!と、
何かを常に攻撃しまくるのが、そのエゴ意識の性質。

全部それってトラップ罠!!!




 

 

喜怒哀楽の感情。それって春夏秋冬、東西南北、上下左右と同じ。
単に分析し判断し名詞レッテルを貼ってるだけ。
 

「喜怒哀楽」は感情を分析した名詞。
「春夏秋冬」は季節を、
「東西南北・上下左右前後」は「方位を・方向を」、
既に存在している宇宙世界を、
その波動VIbrationで顕現された存在に
その愛の顕れ対し「分析」し名詞レッテルを貼ってるだけ。

 




さしすせその調味料に、優劣付けますか?
春夏秋冬の季節に優劣付けますか?
前後左右・東西南北で、優れた方向方位はありますか?

それと同じ事。
「喜怒哀楽」は全て等しい愛の顕れ愛そのもの。
そしてその「感情とは体験するもの」。

 


 


さらに「分析」だけに留まらず、
怒りや哀しみは「悪い・良からぬモノ」、

夜は闇は「悪しきモノ」、
冬は「悪い」、

そうやって勝手に
「全てが均衡で等しい世界」を
「善悪、優劣」の枠に押し込め、
決めつけるのが「エゴ」なのだ。


 


エゴとは意識。



貴方はこの宇宙の誕生をいずれ知るだろう。
いずれ己が誰だかを知るだろう。

この宇宙遊園地は幻の仮想現実体験型アトラクション。
全ては体験する為に容易された遊具で遊び場。

それは内側(心)も外側(現実や夢)もない。
実相(源)も幻(エゴ)も無い。
全部で1つ。

 




観察し観察される、それだけじゃ無いんだよ。
「生命の営み」はただ観て観られてるだけじゃなんだよ。
その「営み」とは具体的に表現アートする事。
純粋な衝動つまりワクワクから実際に行動に起こし描く事。

だだし、思考エゴが動機でなく。
「生命」宇宙の営みとは愛の営み。
その純粋な表現の衝動は全てハート
を経由して受信出来る。

頭じゃない、理屈じゃない、論理では無い。

 

 

 



 

「喜怒哀楽」の感情体験も同じ事。
安全なレールの上を急降下し回転し駆け抜ける
そのスリル感を楽しむ『ジェットコースター」と同じ。

安全なルート設計の元で、暗闇の中でお化けに遭遇し、
恐怖の絶叫体験を楽しむお化け屋敷と同じ事。


 

 

 


貴方のハートは『全ては大丈夫!』だと知っている。
遊園地で遊んでいる事を、
遊園地の創造主である事をも、
そして貴方の全てを知っている。


その貴方自身が既に持っているハート
ナビゲーション、
そのナビに委ね、安心して「ついていくだけ」でいい。


 

 

 

そのナビを無視して、エゴ意識が暴走してると、
軌道修正も入れてくれる「有り難い全自動型ナビ」

暴走続けると、軌道修正も段々派手にエスカレートするので、
その点はご了承下さい。


「全ては大丈夫だ〜!youtube」  志村けんのだいじょうぶだぁ



眼の前で何が起こり展開されても、
安心してドキドキしながら飛び込んで体験してねー!

絶叫ジェットコースターから降りた時、
お化け屋敷から出れた時、
『あ〜怖かった!でも楽しかった!』で全てお楽しみ体験!



 


 

 

 CIMG0393.JPGのサムネール画像
       Monument Valley ~  Utah USA 2012  
                          Photo by daisuke


    インディアン居住区の大自然の中で
  格子状に不自然にライン拡散されるケムトレイル 
  恐れ体験を拒否する思考エゴが世界を支配コントロールする姿勢が伺える

 

 

★記述内容に質問等ありましたらセッションで受け付けてますので、

 どうぞ活用下さい!


 

NO.13「信念の蓋」

 

 信念の蓋、それは、エゴの抵抗。



 

 喜怒哀楽の全ては愛の顕現。しかしその中の一部を切り取り、やれ
怒りは哀しみは悪い感情だと決めつけその感情体験をエゴは抑圧して
しまう。
ではその蓋を取りしょう!と言う事で、では早速質問です。




「貴方は何故その問題に対してそう考えますか?」




その答えは、貴方の考え方(思考エゴ)で貴方が今持つ信念や観念。
つまりそれは「蓋」です。避けてきた
感情を抑圧封印してきた蓋。

思考エゴは平気で嘘をつき嘘に嘘を上塗りします。しかも思考エゴは
「嘘をついてる自覚が無い」という「特性」です。その場凌ぎでやり
過ごす為にあらゆる理由や屁理屈を考え出し、脳内お喋りを始める。

 

 


それが「考え・信念・観念」と蓋を強固にしていくのです。しかし、
それには実態がありません。頑固に信じているその考え信念、その蓋
とは「虚像・虚構」で嘘っぱち。その虚に執着するのが「信念・観念
つまりエゴ」。言い換えると虚の思考エゴ自体に実態はありません。

その思考エゴが別に良い悪いでなく、エゴにはそういう特性・特徴が
あると言う事を踏まえる事が「
大事」。

 

 

 

 


そして、その答えた「考えつまり蓋」に対して、再度質問をします。

「貴方は何故そう考えていますか?」

 

 

このように虚の信念の蓋を自覚しながら1枚づつ剥がしていきます。
出した答え(=考え=蓋)に対し、淡々と繰り返し質問をしてワーク
を深めていきます。その奥底に沈め隠したお宝感情を発見する迄。

蓋して隠しているのは「悪しき良からぬと」判断し避けてきた感情。

 

 

 

と、同時に、その思考エゴが固めて守っている「考え・信念」とは、
本当にいい加減なのだな、テキトウにあしらってたのだなぁ、と、
客観的にその思考自我エゴの特性を、貴方が自覚する事が出来ます。

 

最初の答えがAだとすると、次にB, C, Dと次から次へとコロコロ変わ
っているのだから。その実態のなさ「虚」を知る事が出来ます。

 

 

 


その蓋とは玉葱の皮のようで、入れ子構造マトリョーシカ人形のよ
うなもの。1枚づつ1つづつ剥がしても剥がしても次から次へと蓋が
皮が人形が出てきます。どんどん剥がしていくと、思考エゴが延々と
その蓋を「編み出して」いた事に気付きます。

(ヒント:ハート♡から投影された宇宙フラクタルホログラム

その編み出した「蓋=考え・信念」とは実態が無い。その無いモノを
まるであるかのように振る舞い暴走するのが「思考エゴ」の特徴。

 

 

 

 

そして、剥がしても再び皮がマトリョーシカが次から次へと出る現象
は、「考え方を変える」行為と同じ。虚の蓋である「考え方・信念」
を変えた所で、蓋をすりかえているだけで、何も変わっていません。


そして、その「考え・信念」が、ハート♡を通じて、本当の気持ちを
感情をあらわにする事を、何が何でも「阻止・抵抗」をしている事に
気付きます。

 

 

 

そんな鎧をガラスの仮面を、1枚づつ剥がしていく作業がこの質問。
 

「何故そう考えていますか?」

 

 

 

 

淡々と質問を繰り返しワークを深めていくと、やがて気付きます。

『あー、私は怒ってたんだ』『自分は、哀しくて寂しかったんだ』
『怖かったんだ、不安だったんだ』
『ホントは孤独なのに怒りで攻撃する事で誤摩化していたんだ』

腹が立つその怒りは実はフェイクです。
その先に奥に、本当の気持ち(*)が隠されています。

(*= カルマ・前世からの課題・インナーチャイルド
  =つまり「抑圧感情」)

 

 

 

 


結局は「今!貴方が寂しんでしょ?」ってオチ。
それを認めないで受入れないで、エゴで対処しようとしても無駄。
身体がNO!とSOSサインを出しても、対処療法で治療に走り、
「今貴方が寂しいのに」前世療法では過去に責任をなすりつけ、
エネルギーワークでチチンプイプイ魔法を掛けて「無かった事に」。

それらの姿勢は、全部「今感じる寂しさ体感」から逃げてるだけ。
その寂しさを体感する事だけこそが「今ここ」に生きる事になる。

 

 

 

寂しいと思考エゴで判断し避けてきたその「感覚・感情」を迎え入れ
ハグして同化してそららと一緒にブルブルVibrationして体感するだけ。
素直にそのままに。それが有りの侭の貴方を、在るが儘に生きる姿。

それが変に力が入ってないリラックスしている「自然体」。
自然は無条件に美しい、愛の顕れ。

 

 

 

 

 




『何故そう考えていますか?』の答え、「考え・信念」思考自我は、
如何にして「それらの感情体験」から引き離そうと、
無限の言い訳、
屁理屈、を編み出し思いついて、真実から遠ざけていた事に気付く。

人生は人生ゲーム故、そう簡単に「お宝抑圧感情」を発見させては
貰えず、あの手この手で、阻止しようとするのが思考エゴのお役目。


それはまるで「お化け屋敷のお化け」の如く!お化けが私達を驚かし
すんなり次へと進ませないよう邪魔するように
。ゲームのトラップ!


でもお化けに遭遇した時に、本気でギャー!って恐い体験をして、
そして出口を出たら『あ〜恐かった!でも楽しかった!』なのです。
私達は「宇宙遊園地で遊んでるだけ」ですから。

 

 

 

 

 

心の奥底に封印してきた、それらの恐れ、不安、哀しみ、孤独。
(特に分析する必要はありません。全てハート♡の感情VIbration!)

それらの感覚の「存在」に気付いたら、気付けたら、
ハグするように、そのまま受入れるだけでいい。
それらを優しく包み込むように、一体化する。

 

 

 

ただ外目にそれらを確認・認識して終わらせるのでなく、
「それら」は自分自身なのだから、自分で自分を受入れるだけ。

自分自身を認めて受入れるだけ。
素直に自分自身で居るだけ在るだけ。

どんな感情体験であっても、全部自分自身。
己のハート♡がそう感じているのだから、そのままでいい。
ハート
(心)の吾の、そのままに、ありのままに、あるがままに。

それが悟りのスタートライン。それでもう悟りもOK!
後は日々感じていく体感していく実践していくだけ。
実にシンプル。Don't think just FEEL




 

 


封印してきた抑圧感情(=本当の気持ち)、
そのお宝を掘り当てる「キーワード・マントラ呪文」とは、


『貴方は何故そのように考えていますか?』

 

 

 

 

 

   CIMG0425.JPGのサムネール画像 
    ~ Monument Valley ~  Arizona・Utah   USA 2012  
        Photo by daisuke

 

 

 

 

                      悟りの扉〜目次へ戻る

 

                     サイトTOPへ戻る

 

 

 

 

 

本当の自分自身で個性豊かに活き活き生きる為のセッション





〜封印してきた感情を体験消化開放し、
 ワクワクをナビとして夢をそのまま叶えて生きるカウンセリング〜  

 ハートセッション → こちらから

 

 

〜本当の貴方自身の人生を加速する〜

 リコネクション → こちらから
 


 

〜癒しとは本来の自分自身で生きる事〜

 リコネクティブ・ヒーリング → こちらから

 

 

 

 

NO.14 「救いの手」

 

「貴方の為に」と救いの手を差し伸べる、その行為とは:


それは、自分自身が抑圧してきた「怒り・悲しさ・寂しさ」を
誤摩化す為に、観て見ぬフリを続けるが為に、思考エゴ自我が
『可哀想だから助けなきゃ!』って、屁理屈編み出して、その
感情に蓋をし、封印、抑圧しているのです。

 

この世界は、宇宙は、全てが「神の愛の顕れ」でしょ?
それを「受入れる」だけ、それを「体験する」だけ。

呼吸する時に、一々考えて「吸って吐いて」しないでしょ?
そのまま「スーハー」してるでしょ?

それと同じ、そのままでいいの、そのままで!

 

 

 

何で、その神の愛の顕れアート作品を、そのまま素直に
観賞&体感しないで、弄って手直しする必要があるのさ?

「既に完全完璧な愛の夢」の世界を訂正すべき不完全なのだと、
受入れ拒否・否定する、その宇宙全体1つの世界から分離する、
その姿勢とは、正に思考エゴちゃんの「暴走劇」。

 

 

 

 

これ迄は、決して報われない努力を頑張ってして暴走し、
ひぃこら苦しむのが楽しい快感としてくる遊び方だったけどね。
(エゴ暴走の「放蕩息子」状態)

 

エゴが悪いとかじゃないよ。
思考エゴ自我は「知覚体感」する端末だからね。大事な要素。
しかし、暴走となると機能不全だよね。

 

 




その助けたい手を差し伸べたい相手とは、自分自身。
ハート♡(感情)が投影する現実世界。
現実に映し出されたその相手とは、自分自身。
つまり、現実世界とは、自分自身。
自分しか居ないのがこの現実宇宙。

つまり、手を差し伸べたい相手とは、自分自身と言う事は、
貴方自身が、自分自身が救われたい!って事。
全部、己の姿だったんですね。
この世界には自分(1つなる大いなる私)しか居ません。

 

 

 


その1つなる私(=ONE =UNI)が転じて(Reverse)、
貴方と私、彼や彼女のつまり森羅万象に映し出されたのが、
それぞれの「存在」に分離したかのような錯覚体験を齎す
のが、この現実世界。つまり宇宙(
UNI・reVERSE)。

 

 

 

 

愛は地球を自然を救う!
アフリカやアジアの恵まれない子供達を救おう!  
「貴方の為」に頑張る! etc....


それって、ぜ〜んぶ、本当は自分自身が救われたい事を、
映し出された他者に掏り替えて、押し付けてる。

自分が怒ってて、悲しくて孤独で寂しいだけなのに、
それを「貴方や子供や家族や社会や地球」が救われるベキだと、
摺り替えて、誤摩化して逃げてるだけ。

 



◉◉するベキ、ベキベキ星人。
◎◎せネバならぬ、ネバネバ星人。

ベキベキ星人も、ネバネバ星人も、止めるとね、
その見て見ぬ振りしてきた、ネガティブ感情が、
その漆黒の闇が浮き彫りになって、浮上してくるよ。

浮上する=感じてくる。
そしたら、そのまま感じてればいい。
そのまま。何もせず。
イラっとしたのなら、イライラ感じていればいい。
ザワザワっとしたのなら、その不快感を感じてればいい。

 

 



本当は自分自身が救われたいのに、
その闇に飲まれた己の心を認めたくない、見たく無いから、
その漆黒の闇の恐れ体験を「恐い」と摺り替え誤摩化ている。
己の闇を認めたくないから「貴方の為、地球の為」と芝居を打つ。


恐れ体験が「恐い」と屁理屈を編み出して、
「貴方の為よ」だなんて、余計なお世話もいい所。

実際には全然恐い体験をしてないよね、これじゃ。
恐れの感情体験(怒り、悲しい、寂しい)から逃げ続けている。
だから苦しいんだよ、キツいんだよ。

何故なら、受入れていい加減に体験させようと、
その問題事象をどんどんエスカレートさせて、
アクシデントを次々に勃発させるからね。


 

 

 

 

 

  CIMG0396.JPGのサムネール画像
   ~ Monument Valley ~    Arizona・Utah  USA 2012  
       Photo by daisuke

 

 

 

 

とは云え、いーの、いーの、全然OK大丈夫。
全部計画通りだから。
感情抑圧から逃げまくって行動してても、いーのさ。
ジタバタしたいだけ抵抗してればいいのさ。

そういう遊び方をその時はしたかったのだから。
エゴってブリブリでも、それでいいのさ。
エゴる暴走する体験もしたくて宇宙遊園地に入園してた訳。

 

 

 

ここ結構ポイントだよね。
これ忘れると、今ここで人間を体験してる事すら否定する。
肉体は物質次元は「劣っているから」波動を上げなければ!
次元上昇アセンションするのだ!.....ってね。
その「今!」「ここで!」人間してる事を否定して。。。

顕現している事象は現実の全ては「波動」です。
波動を上げる周波数を上げても、その在り方が違うだけ。
そう、ただ「違う」だけ。本質は皆同じ。
宇宙の源から顕現された「幻」。


 

 


ポイントは、次元の上昇アセンションでも、
下降ディセンションでもなし。
宇宙丸ごとを包括する、その全体性の「私」目線で遊ぶ事。
宇宙を創造した神目線で遊ぶ事。

ただ、その宇宙遊園地の創造の「背景」を思い出したのなら、
決して報われない努力と頑張りに、疲れ飽きてきたのなら、
そのエゴ暴走遊びを、止めればいいだけ。

途中で遊び方を変えていいのさ。何したって全部遊びだもんさ。



 

救われる=心の平安を得る=その為には喜怒哀楽の感情体験を
全部引き受ける!全部が丸っと自分自身!だから受入る!
それが大前提!

信念を変えても(例え誰かに変えて貰っても)、
現実宇宙は世界は、ハート♡(感情)が映し出しているから、
抑圧感情を認め赦し受入れて、実際に『体感』しないと、
何も変わらず、また何度でもグルグルグルグル同じ様な状況を
創り出すだけですよ!

 

 

 

信念つまり考え方、解釈の仕方を、幾らどのように変えても、
または変えて貰っても、無駄です。
抑圧感情の「蓋(=信念)」を掏り替えているだけですから。
蓋して抑圧してる分には、何も変わってないですよ。

その思考フィールドで『あーだこーだ』と
ジタバタしてるうちは、「何も」変わりません。

 

 

 


感情とは感じるモノ。感情Vibrationのその感覚を感じる体験。
信念、考え方、解釈をどう弄くっても、感じてなきゃ無駄。

その感覚の世界に、意識の焦点を切り替える。
切り替えるだけでOK。
つまり、何でも「そのまま」体感体験するだけでOK!!!

 

 

 

それを問題視して、対処しようとする。
信念を変えるとか、変えて貰うとか、全部それって対処。
しかも変えて貰うって「自分では手を汚さない知能犯」だよね。

出来事を、在るが儘に受入れ体験してない、拒否ってる。

だから寝てる時に夢にまで同じ内容が出てくるのだよ。
ちゃんと現実世界で受入れ体験しろーーーー!って。
それは夢のお告げでメッセージ。


 




これ前世とか他生とかでの「課題」と同じね。
時間は幻想、過去(も未来)も結局「今」なんです。

夢に出てくるその内容(感情を伴う)ってのは、
前世療法の催眠状態での映像に出てくるその内容ってのは、
「今!」の貴方自身、己の宿題、宿便、抑圧している便秘感情。
それを浮き彫りにし、排泄つまり体験する事を促してくれてる。


人生ゲームってのは、体験型アトラクションなので、
実際にその感情の感覚を体感して、実践していかないと、
ゲームは全く先に進みません。。。。
実践しない限り、同じ内容を何度でもグルグル輪廻します....。


ハート♡(感情)が
現実世界スクリーンに映し出す、上映する、
それは「自分人生ドッキリ劇場』。

 

 

 

 

 

  CIMG0400.JPGのサムネール画像 
  ~ Monument Valley ~    Arizona・Utah  USA 2012  
      Photo by daisuke

 

 

 

いやぁ、このトラップにスッカリ嵌まって、
自分(藍川大輔)も散々ボランティアしてました。

ヒーリング臨床経験積める!とか何とか理由付けして。
震災後の東北の学友の顔を見に行くって屁理屈を編み出して。
募金活動にチャリティーコンサートも然り.....。
慈善活動は、己の心♡に嘘を付いてると言う意味では偽善です。

其れ迄結束していたボランティア同行メンバーの日程が、
見事に噛み合なくなって、空中分解したのが2012年5月。
その2ヶ月後の7月に、派手にバキボキって音がして、
背骨を骨折したのでした。

 

ちゃんと順序立てて導かれてますな......。

 

 

 

 

今回(2014年10月)の背骨骨折は、これでもミシって、
軋んだ程度。でもやっぱり骨折は痛いけどね。
痛みと共に感情がワンサカ湧くので、エネルギーが動くままに、
そのままに、号泣モードで泣き笑いが止まらない。
御蔭様で、連日コルセット生活での泣き笑いが続いてます。

それはもはや、悲しいのか嬉しいのか分析不可能。
ただ、感覚が沸き起こるのを、そのまま体験してるだけ。
「そのまま」体験するのが1番!

 

 

 

病気も怪我も別に悪いモノでは無いからね!
エネルギーが動き出す寸前の現象です。
マグマ噴火の3秒前!
だからエネルギーが動き出したら、マグマの噴火が始まったら、
好き勝手にさせてそのままにLet it be!!! で放置プレイ!

その様子は、シンガポールの噴水『マーライオン』の如く。
逆流するマグマがゲロンパが、マグマが、出るだけ全部出す!

気持ち悪くて嘔吐する際、
全部吐き出すでしょ?したらスッキリでしょ?
それと同じ事。





その沸き起こる、蠢く、その感触を、感情を味わうがいい!
(めっちゃ不快感だけど)
己の漆黒の闇の深さに、ぶっ飛ぶよー!
本当の事は、かなり「きっつい」けどね。
しかし、それが真理で真実。

 

 

 

 

フィボナッチ数列:
1つ前の数字を犠牲に捨てていく数列。『虚』の数列。
「自己犠牲のボランティア数列」とも云えましょう。

★1+1+2+3+5+8+13+21+34+55+89....

 

ハート♡無限ゼロ数列:
全部を取りこぼしなく、統合包括していく数列。
全てを包み込んでいく、それが真実。
全てを分け隔てなく、おかまいなしに。
お構いなしで節操が無いけれど、それが真理真実。

★1+1+2+4+8+16+32+64+128+256....

 

ハート♡無限ゼロ数列は、ゼロから無限=ゼロへと循環する
この数列と同じ。

 ★([−1]+[+1])+([-2]+[+2])+([-3]+[+3]).......





何故唐突に数列を書いたかと言うと、「マイナス+プラス」の
全部を丸ごと包括して、の、世界だから。この宇宙とは。

マイナス(と思考判断している体験)も、闇も体験しないと、
次へ進めないんですよ、この人生ゲームは。

闇の勢力と闘っても、闇を観なかった事にしても、無駄です...。
その闇は貴方自身の姿....。その闇を受入れるしか無いのです!
闇を嫌い闘うとは、自分自身を嫌い否定・拒否しているのです。

ハート♡(感情)が映し出す現実世界。
つまり、その闇とは、貴方自身の抑圧してきたネガティブ感情。
避けてきた「感情」なのです。

それを闇だと悪だと認識している、大いなる勘違いをしている。
お門違いで的外れな認識をしていたのです。




 

 

人生ゲームは、かなり高度なRPGなので、
ほんと、そこまでするの?って感じです。はい。


何事も、楽しみ過ぎてワクワクで、なら、
ボランティアだろうが、地球・人類救済だろうが、全然OK!!!

何故なら、それは、抑圧感情に蓋する思考暴走ではなく、
神の計画をそのままに「純粋♡に」遊んでる事になるから! 

 

 


 

 

    CIMG0430.JPGのサムネール画像

    ~ Moon and Car at Twilight ~
 
Monument Valley ~ Arizona・Utah  USA  2012  

         Photo by daisuke
 

 

 

 

 

                      悟りの扉〜目次へ戻る

 

                     サイトTOPへ戻る

 

 

 

 

 

本当の自分自身で個性豊かに活き活き生きる為のセッション





〜封印してきた感情を体験消化開放し、
 ワクワクをナビとして夢をそのまま叶えて生きるカウンセリング〜  

 ハートセッション → こちらから

 

 

〜本当の貴方自身の人生を加速する〜

 リコネクション → こちらから
 


 

〜癒しとは本来の自分自身で生きる事〜

 リコネクティブ・ヒーリング → こちらから

 



 

1
PAGE TOP