ホーム > 悟りの扉 > 2012年9月

2012年9月

徒然35:「箱根元宮神社と原初の神々」

 

 

起床後に貸切半露天風呂に入って、そして箱根の
有機野菜が実に美味しかった朝食をしっかり頂き、
お世話になった真奈邸を出発sign03

 

 

マナ邸ヤス大朝.jpg
 

 

 

真奈邸玄関に飾ってあった注連縄のお飾りの
「形」がマナの壺や前方後円墳の「カギ穴」の
形で同じでした。

 

 

マナ邸玄関注連縄カギ穴.jpg


 



この「鍵穴形状」の建物は、先のブログにも
列挙した「バチカン」「大仙陵古墳」の形と同じ
であり、この鍵穴形状は、火星の建造物とも同じ。
 

 

 


 



リビアの蝋燭のような絵の地上絵もまた、
この鍵穴形状の形と極めて似ており、
形状の表す基本的なコンセプトが同じです。
by Hiroshi Hayashi

 

 

 

 

形が似ている、もしくは同じ。
名前が似ている、もしくは同じ。
それらは「同じ要素」を指し示しています。

 

 

真奈亭から徒歩1分のバス停から、
次の目的地「箱根園」への直行便が出ており、
混み合う前に座席にもちゃんと座れてラッキー!


途中の大涌谷からは、富士山がお出ましに。
バス車内からパチリ!
天候にも恵まれて、素晴らしい景色にラッキーshine

 

 

大涌谷.jpg

 

 

バスは芦ノ湖畔に面した「箱根園」に到着。

ロープウェイに乗り換えて、駒ケ岳の山頂に
建立されている、箱根元宮神社へ向かいます。


 

駒ケ岳ロープウェイ.jpg




 

晴れ渡る景色。湖面の深い青色と山肌の碧色、
そして冬の樹木の茶に、空の水色に白い雲、
そして富士の真白な雪のコントラストが見事。

 

ロープウェイが上がるにつれて、景色の視界も、
徐々に開けてきました。芦ノ湖を超えて遠くは、
広大な海が広がります。
 


 

ロープウェイ中から.jpg

 

 

ロープウェイを降りると、見晴らしが良く、
奥穂高岳山頂のように360度とはいかずとも、
とっても心地よい景色が広がっていました。




高所恐怖症の癖して、高い所が大好きなのは、
何故でしょうsign02



この広大な空を前に、以前グアムで体験してた
スカイダイビングや、セスナ機を自ら操縦した
飛行時の爽快感を思い出しましたflair


 

駒ケ岳から.jpg






70歳にして冬の北アルプスを歩く母の影響が
あるのは間違いなさそうです。

婆さまが1人で山に入っているので、多少知れた
存在となっている模様。皆様から気を留めて頂い
ているようで、それはとても有難い事です。

 


海.jpg

 


空と海との境がはっきりしない美しさ。
水平線は何処だろう?と探したくなる美しさ。
それは日本的な美しさなのかもしれません。

 


ロープウェイの山頂駅から歩き出すと、
風も強く、耳が痛くなる程に冷たい風でした。

ヤス君がニット帽を持参してくれていたので、
深々と被りました。山の上では寒い寒い。

 

 

富士山ヤスくん.jpg

 

 

頂上付近まで来ると、一望が見渡せていて、
皆さん挙って写真を撮ってらっしゃる。



一眼レフを持ってる方に撮影をお願いした所、
熟れてささっと、綺麗に撮って頂けましたsign03

 

 

富士山ヤスダイ.jpg

 

 

 

箱根神社の奥宮「箱根元宮神社」には、
造化三神が祀られています。

 

 

富士山大輔元宮.jpg

 

 


造化三神とは、天地開闢、この地球の開拓を
進めた「原初の神々」の存在です。


天之御中主神
高皇産巣日之神 
神皇産巣日之神

 

 

元宮参道.jpg

 

 

対応する古代シュメールの神々:
アヌ
エンキ(一角・吽型の狛犬
エンリル(獅子・阿型の狛犬)
 

 

 

uid000067_2016092916021861def449.jpg
写真出典:春日大社 こちら




 


アヌ王の子供がエンキとエンリル。
エンキとエンリルは異母兄弟です。

 

 

 

箱根元宮鳥居.jpg


 

 

◎天之御中主神=アヌ王であり、

★高皇産巣日之神がエンキであれば、
★神皇産巣日之神がエンリル。
 

 

 

元宮由緒.jpg

 

 

 

◎天之御中主神=アヌ=大日如来で、
★阿吽の「狛犬=金剛力士像・仁王像」が対応。

金剛力士とは「金剛杵」を持つ者。

 


金剛杵=ヴァジュラ



 

ギリシャ神話のゼウスの持つ雷の武器
「サンダーボルト」や、

シュメール神話の上記エンキの息子である
マルドゥクが持つヴァジュラへと繋がります。

またヴァジュラはインド神話にも出てきます。

 

 

aun.jpg
出典:善光寺こちら

 


 

阿吽の意味とは、「阿=全ての始まり」
「吽=全ての終わり」を指し示し、
宇宙の始まりから終わりを意味します。



また、
「α=始まりのアルファであり、
 ω=終わりのオメガである」と

旧約のヤハウェは示しています。

 

 

展望台2.jpg

 

 

下りロープウェイの発車時刻までに間に合う
か気になりつつ、展望台に寄って最後に目下
広がる景色を見れました。


発車時刻のアナウンスが流れたので、足早に
と言うより小走りで向かい、ギリギリセーフsweat01

 



山頂付近での滞在時間は40分程でしたが、
とても素晴らしい景色を堪能出来て大満足sign03


箱根は何度か足を運んでいましたが、駒ケ岳
に中々登れずだったので、このタイミングで
来られて、と〜っても嬉しかったのですshine

 


ロープウェイ駅.jpg

 

 

最後に下りのロープウェイの中から、富士山を
拝んで、箱根元宮神社への初詣が終わりました。
 

下車してからは、昼食で目星の中華料理店への
移動、そして元箱根の箱根神社へと移動です。


 

下富士山.jpg

 

 

 

shineイベント情報shine


diamond新月の瞑想会
diamond満月のグループセッション
diamond一斉遠隔ヒーリング
diamondセミナー・ワークショップ

イベント情報の詳細 ⇨ こちら

 

 

spadeカウンセリング・ヒーリング
  個人セッション各種メニュー
 ⇨ こちら 

 

 

Copyright © 2017.2.17.  
Daisuke AIkawa All Rights Reserved.   

 

 

 

徒然34:「真奈邸とマナの壺と真名井神社」

 

1月5日からはヤス君と共に、
箱根温泉と初詣の一泊旅行での骨休め。



自宅練馬駅から新宿駅へ地下鉄移動後、
京王デパ地下で「お弁当」を調達してから、
ロマンスカーに乗り込み「箱根湯本駅」へ。

到着後にホームで夜食用にと天むすを買い、
登山電車に乗り換えて、小涌谷駅へ再出発。


お天気も快晴で、車内からの眺望・景色も
良く見え「真っ青な空と黄金色の山肌」の
コントラストが素晴らしかった!


 

登山鉄道.jpg

箱根登山鉄道 小涌谷駅にて


 

小涌谷駅で降りたら、随分と寒かった!
ヤス君にホームでパチリと写真を撮って
貰うも、チヂ込んで固まっていました。

 

肩掛バッグは カメラ 。左手の紙袋は、
十条駅前の商店街入口すぐに構える
信刕屋で箱買いしたみかんから数個。



信刕屋はハイレベル&コスパ抜群なので、
度々通って購入していますが、
とってもお薦めな果物屋さんです!


 


小涌谷.jpg

 

 

 

小涌谷駅まで送迎・迎えにきて頂いたのは、
お宿「真奈邸」のスタッフさん。

今回のこの「真奈邸(マナテイ)」の名前が、
「マナの壺」との偶然で必然の、
シンクロニシティとなりました!

 

 

マナの壺とは、イスラエルの三種の神器で、
旧約・出エジプト記に出てくる、
モーゼの「マナの壺」の事ですが、

徒然ブログ31にて、
熱田神宮と天叢雲剣・アロンの杖
を先に記述しました。
 

 

 

天叢雲剣は、アマノムラクモの剣。

ソロモン神殿を建立した、
海の民フェニキア人と共に渡来した、
イスラエル12支・エフライム族の
ムラク大王を指し示し、

それはまた、モーゼのアロンの杖の暗喩で、
背景が繋がる趣旨を記述しました。

 

 



また一方で、三種の神器の勾玉では、
山幸彦の「八尺瓊勾玉」が、
玉壺にくっついたお話があります。


このお話からのメッセージとは、
くっついて離れない事から、
「勾玉と玉壺は同格」という事です。
 


三種の神器の勾玉と「玉壺」は同格。
その玉壺は、イスラエルの三種の神器の、
「マナの壺」であるという暗喩です。


 



また、「勾玉」は、
ヘブライ語の10番目の文字、
「YOD(ヨッド)」と同じ形で、
その意味は「神の手」です。


また「数字10」が表す意味は、
「完成」そして「完全」です。
 

またΘ「丸チョン(丸の中にレ点)」は、
宇宙を顕します。
 

「丸+レ」はその形状が
「1+0」の10と同じです。

 

 

ヨッド.png

画像元:こちら

 

 

 


また、10は「2極性」であり、
「I=男性性・0=女性性」を顕します。
(牡牝•雄雌の男女ではなく)


そして、2極性の統合の象徴として、
アンク十字があります。

アンクとはエジプトでは生命を意味します。
因みにツタンカーメンの名前は、
「トート・アンク・アメン」です。

 

エジプトのトト神
⇨シュメール名「ニンギシュジッダ」

エジプトのアメン神(RA)
⇨シュメール名「マルドゥク」



 



アンク.png

画像元:wiki

 

 

 



また山幸彦の勾玉がくっついた玉壺とは、
「マナの壺」の暗示で、その鍵穴の形状は、
アヌンナキから授かった「王権の象徴」です。


マナの壺のマナ・マンナとは、種無しパンの事で、
それは「お餅」の原型です。

お正月の「鏡餅のお供え」のルーツ・背景です。
過越祭のマッツァオは種無しパンです。

 

 




年越しお正月にお供えする「モチ(餅)」と、
過ぎ越しのお祭りの「マッツァオ」は、
その名前・発音が酷似しています。



コンセプトが同じで、名前も同じMとTを発音し、
酷似している。つまり「両者は同じ」なのです。



 

鏡餅.jpg
 

 

 

そして、モーゼが食を分け与えたマナの壺は、
「台所の俎板」マナ板に繋がります。

マナ板も「食材を切り分ける」という意味で、
「マナ」の意味合いは同じです。
両者は食事を提供する為のモノの名前ですね。
 

 

私達が使っている日本語には、
沢山の「言葉の意味」が隠されています。

と言うより、どうやら私達現代日本人は、
「意味を知らないまま使っている」ようです。



 

お飾り.jpg

 

 


年越しお正月を迎えるお飾りの「注連縄」ですが、
先の「マナの壺・王権の象徴」に繋がります。


この注連縄の丸い円部分に、二方向に垂れ下がる
「御幣」が結ばれている。雷を顕しているその形は、
古代シュメールの「王権」そのもの。
 

形はメッセージが込められて継承されるモノ。
 

 

アフラ=マズダ.jpg
画像元:wiki

 

 

その王権の象徴のマナの壺は「真名の壺」で、
天女の話で知られる「天橋立」の側にある、
籠神社は奥宮の真名井神社に繋がります。

天女の「天橋立」は神が「天地に掛けた梯子」が、
倒れて橋となったお話です。

これは「ヤコブの梯子」に繋がります。
両者共に「コンセプトが同じ」です。




この真名井神社のルーツでも、
熱田神宮と天叢雲剣・アロンの杖」で記した、
「天叢雲命=アマノムラクモノミコト」即ち、
古代フェニキア人と共に渡来した、
エフライム族のムラク大王が関連します。

天叢雲剣は八岐大蛇で、
「蛇=龍」と「八=8(ヤハウェ・救世主)」が
暗示されます。
 

 

「八幡神社、穴八幡、八事、六、八代、八千代」
日本語には「八」が沢山『隠れて』います。

「ノアの箱船」以降は、
神が「お隠れ」になっている、という事です。
天皇の崩御を「お隠れ」と言うのに繋がります。

 

 

所で、このお宿の名前「マナ邸」の名前の由来が
とても気になり、送迎車内で早速尋ねた所、
海のマナティーを愛するオーナーが、
マナ邸と命名したそうです。マナティ可愛い!


 

 

宿へチェックイン後は、先ずお風呂!
お宿の真奈邸には、貸切の半露天風呂があり、
滞在中には3回入る事が出来ました!



まるで静電気を溜め込んだような状態から、
一転、自然の効能って凄い素晴らしいですね!
ふが〜っと放電して、ゆるゆるになりました!



箱根のお湯ってお肌がツルッツルになるんです。
湯本の温泉街の女将さん達の肌ツヤは、
この源泉の効能からなんですね!


 

 

ロビー.jpg
真奈邸ロビー







その後、夕食までの時間はお昼寝して、
気が付けば、窓からの景色も日が暮れて、
迎えの山の斜面はひょうたんライトアップでした。

 

夕食は有機野菜が自慢の創作懐石のお料理。
野菜の1つ1つが元気で味わい深くて感激!
ヤス君の誕生日もあり、ドリンクもサービス頂き、
至れり尽くせり、大満足でした!
 

 

 

 

前回の箱根(2008年)では湯河原の天命庵に寄り、
宿のハイアットはスイートにUPグレードで吃驚!
翌日のランチを頂いた オー・ミラドー の
「朝取りの野菜の味」が忘れられずでした。


前回のそのような背景・記憶もあり、
「お野菜が美味しいお食事!」が決めてとなった
今回のお宿がこの真奈邸でした。
 




それにしても、「マナ」繋がりで、
マナの壺で、シンクロだったとは、驚きです。
「天叢雲剣」の熱田神宮の訪問をしたばかり。




「天叢雲剣」即ち、イスラエルの三種の神器、
預言者モーゼの「アロンの杖」の暗喩から、
「マナの壺」へと繋がる。


さらに、翌日の駒ケ岳頂上にある、
箱根元宮神社(箱根神社奥宮)の初詣で、
よりこのシンクロが浮かび上がりました。

 

 



マナ邸.jpg

 

 


閑話休題、「マナの壺」の話に戻ります。

 

 

「マナの壺」の「真名井神社(籠神社奥宮)」は、
古代フェニキアの「海の民」の暗示である、
「海部氏」に通じます。(現宮司も海部氏)

さらに「海部」は、中部・尾張地方の旧海部郡
現在の「あま市」の名に繋がります。

上記wikiリンクで参照されると解りますが、
海部郡は一箇所でなく、全国に散っています。
即ち、その民族が多方面へ別れたという事です。
 


また、アマと言えば、馴染みのある言葉では、
出家した女性を「尼さん」と言いますよね。
三重県伊勢市磯部町に「的矢」という地名があり、
周辺には「海女=アマ」さんも沢山居ます。


アマさん=海部氏の暗示です。
「的矢」は、白馬に矢が関連しますが、
この辺りのお話は、また後日改めて。
 


 

尾張.jpeg

画像元:こちら

 

海部氏と同族の尾張氏の紋章、六芒星。
愛知県旧海部郡辺りを拠点にしていた尾張氏

 

 



このアマの語源を言語学的な発音から辿ると、
籠神社真名井の「海部氏」から、
日本に海を渡ってやってきた、
古代フェニキア「海の民」へ繋がり、
彼らは大工で、ソロモン神殿を建立していました。
 

「工人・大工」=「天」照大神
「工+人 / 工+大」=「天」


これはまた、イエスを暗示させる文字です。



お札.jpg

画像元:こちら





大工や石工と言えば「メーソン」で、
ノアの箱舟のノアの息子、
「ヤフェト・セム・ハム」の3派に分かれます。


セムはアブラハムにカッバーラを伝え、
セムの曾孫「エブル」からヘブル族と呼ばれます。
(ヘブル族=ヘブライ族)

 


「メーソン」のシンボルは「定規とコンパス」、
その2つを使って表現するのは、
「日本の国旗」です。
つまりアジア人・日本人はセム系です。

 


---国旗.png---
画像元:wiki
 

 


民数記26-15に「ガド族のゼポンびと」とあります。
ゼッフォンの名からゼポン、ゼッポン、ニッポンと、
ニホンと、発音変化となったと推測出来ます。

 

 

そのフェニキア人と一緒に渡来した、
イスラエルのエフライム族から、
さらには「ノアの箱船」の後に構築された、
「古代シュメール文明」にまで繋がります。




マナ.jpg

 



 

「その形」は大仙陵(前方後円墳)や、
バチカンを上からみた形と同じ。

 

 

 

大仙陵.jpg

 

 


言語学的な「発音」からルーツ・歴史を辿る。
そして、「形・形状」からメッセージを読み取る。
 

名前にはルーツがあります。
その形・形状には、メッセージが込められています。

 

 

鍵穴.jpg

 

 



今年は、これらの視点からも地球人類史の、
解読・整理整頓を進めます!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

shine新春キャンペーンshine


ハートセッションをお申込の方へ
アナスタシアのシベリア杉
エッセンシャルオイルをプレゼント!

オイル緑.jpg


    詳細はこちらから

 

 

 

shine皆様からのご要望を募集中shine

こんな内容をセッションメニューに
取り入れて欲しい!こんな企画で
セミナーイベントを開催して欲しい!

皆様からのご要望メッセージを
お待ちしております!

メッセージ送信フォーム ⇨ こちら

 

 

 

 

 


 

徒然33:「旧友」


大晦日は、パートナーのヤス君が
高熱を出し、夕方になって次は彼の
お母様が救急車に乗り不測事態に...。

が、お陰様で大事には至らず、
夜には家族皆が揃う事が出来、
お寿司と年越蕎麦を頂きました!

 


翌日の元旦は休養の寝正月。
2日にはドイツは在ベルリンの
旧友ピアニストの 黒岩悠君が、
自宅に遊びに来てくれました!
(彼のピアノの試聴はこちら

 

 

haru.jpg

写真元:こちら ©MARCO BORGGREVE




2年半だか3年ぶりの再会で、お互いに
近況報告を!その後、一旦ヤス君の車で
近所の万世へ移動して3人でランチを。
お正月でも営業中でありがたや。


帰宅後は仏菓子・アルカション
選んだスイーツと、自宅で入れる
特製ふわふわカプチーノで座談会。
 

モカ・フレンチの豆を、
Bacchi Espressoで抽出し、
目の細かい濃厚ミルクホイップを
ふわふわ乗せたスタイルです。


長年イタリアで修行を積んだ彼から、
「美味しい」と太鼓判を頂けたので、
サロンのウエルカムメニューに
入れる事にしましたshine

 

 

スコッ.jpg

(早稲田スコットホール:写真元はこちら

 

 

早稲田スコットホールにて
来月彼は、東京都が主催する、
歴史的建造物の保存を支援する
チャリティイベント
に出演。
 


先日応募を申込んだ所、
昨日当選ハガキが届いたので、
参加してきますnote
産経ニュースの記事 ⇨ こちら



去年は「過去・現在・未来」を
テーマに普遍的なモノを示した彼。



今回彼は「調和・存在意味」の
意識をして準備しているようで、
当日が楽しみですshine

 

ーーーーーーーーーーー

 

shine新春キャンペーンshine


ハートセッションをお申込の方へ
アナスタシアのシベリア杉
エッセンシャルオイルをプレゼント!

オイル緑.jpg


    詳細はこちらから

 

 

shine皆様からのご意見や
       ご要望を募集中shine

 

こんな内容をセッションメニューに
取り入れて欲しい!こんな企画で
セミナーイベントを開催して欲しい!

皆様からのご要望メッセージを
お待ちしておりますsign01

メッセージ送信フォーム ⇨ こちら

 

 

 

徒然32:「熱田神宮と天叢雲剣・アロンの杖」

 

新年お目出度うございます!
皆様の元気とご多幸をお祈りし致します。
本年も宜しくお願い申し上げます。
 

今年は地球史についての発信を開始し、
皆様と共に共同創造を進めさせて頂きます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

昨年12月に愛知県の実家へ帰省した折に、
三種の神器の中の1つ天叢雲剣(草薙剣)が
安置されている熱田神宮へお参りに行きました。

 

 

熱田1.jpg

(雨に濡れた梅の花が迎えてくれました)


 

「天叢雲剣:アマノムラクモノツルギ」
イスラエル12支族・エフライム族の

ムラク大王が、海の民・フェニキア族と
共に渡来していたお話はまた改めて。


 

三種の神器の1つ天叢雲剣には、
ムラクという「文字・韻」が含まれて
いる事を記すに今回は留めておきます。

 

 

熱田2.jpg

 

 

地球史を辿るには、言語学的な視点で、
発音音を辿る。意図や画策に惑わされずに、
客観t的に物事を捉える事が出来ます。
 

人々の通信手段としての「発音=聴覚」と、
「表記=資格」から辿ると視えてきます。

 


熱田3.jpg

 

 

そして、年末の28日には、
自宅の出窓に鏡餅をお供えしました。

このお餅はパートナーのお父さんが、
毎年会社で餅搗きして拵える格別のお餅です。

ヤス君の実家で早速晩にはこの搗き立ての
お餅でお雑煮を皆で一緒に頂きました!





鏡餅.jpg

 

 

30日には、パートナーのヤス君のお母様に
お正月用の頼まれたので馴染みに花屋へ行き、
蝋梅(ロウバイ)や松や千両を購入。

ヤス君の実家にて九谷焼の花瓶に早速活けた所、
我ながら中々上手に活けれて良かった良かった。

お正月を迎える準備も整って、
蝋梅の甘〜い香りも広がりましたshine

 

 

正月花.jpg

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

shine新春キャンペーンshine


ハートセッションをお申込の方へ
アナスタシアのシベリア杉
エッセンシャルオイルをプレゼント!

オイル緑.jpg


    詳細はこちらから

 

 

 

shine皆様からのご要望を募集中shine

こんな内容をセッションメニューに
取り入れて欲しい!こんな企画で
セミナーイベントを開催して欲しい!

皆様からのご要望メッセージを
お待ちしております!

メッセージ送信フォーム ⇨ こちら

 



 

徒然31:「浄智寺(北鎌倉) 」

 

11月6日の日曜日に北鎌倉の浄智寺を訪ね、
はやし浩司」さんの講演会を聞いてきました。

 

2013年10月に熱海で待ち合わせて、
2時間程話し込んで議論をしたのは3年前。
久しぶりに会った「はやし浩司」さん。
 

 

 

はやし浩司.jpg

 

 

 

池袋駅の西武駅地下にて、手土産とお弁当を買い、
予定より1本早い湘南ラインに乗れそうだと足早に駅ホームへ。

北鎌倉駅で降りて、ホームに居た駅員さんに、
浄智寺の降り口と方面をざっくり教えて貰って向かう。

 

 

浄智寺入口.jpg

 

 

「寶所在近」の文字が掲げられた惣門を潜ります。

 

そして、鎌倉石の階段を登った先には、
鎌倉で唯一の唐様式の鐘楼門があります。

 

 

浄智寺階段.jpg

 

 

 

早めに到着・受付時間迄に1時間程あったので、
境内をゆっくり散歩をする事に。

 

雲華殿には、左から「阿弥陀・釈迦・弥勒」の三体が。
「過去・現在・未来」を表現してるとの事で、三位一体です。

 


 

阿弥陀釈迦弥勒.jpg

 

 

 

釈迦とは、元々は「シャカ(サカ)族」の事で、
個人名ではありません。
 

その昔「フェニキア人の大船団」と共に、
イスラエル12氏族の『エフライム族の王』が渡来しました。
 

その呼び方ですが、『お「エフライム」様』とは、奇異ですよね。
同様に『お「シャカ」様』とは、可笑しい事が解ります。

 

 

浄智寺秋明菊.jpg

 

 

 

浄智寺の庭には、秋明菊が(ピーク時は終えて)咲いてました。

 

今回の講演会は、こちらの書院で行われました。
藁葺き屋根で風情がありました。

 

 

 

浄智寺の書院.jpg

 

 

 

講演が始まる前に、はやしさんと、奥様とに挨拶。
講演が始まれば、はやし浩司さんらしいテンポが良く、
3時間があっという間でした。

公演後に再度ご挨拶&握手を。
またご連絡させて頂くお約束をして。
1つ、一緒に写真を撮るのを忘れてしまったのが残念!

 

 

講演会の事前に彼へメールを出していたのですが、
今後の自分の研究に彼へ加勢を願い出たのです。
何がどう進むのは「現状では」サッパリ分かりませんが。

どうしても、今のこのタイミングで、
はやし浩司さんと会っておきたかった!

3年ぶりにご夫妻に会えて良かった!
変わらぬ奥様のご様子も嬉しかったのです。

 

 

下の写真は、浄智寺の木造観音菩薩立像。
可愛らしいお姿で立っておられました。

 
 

浄智寺観音.jpg

 

 

 

仏陀の父は、ゾロアスター教のmagi。
東方の賢者の事をmagiと表現すると矛盾が生じる。
後のキリスト教の表現だけを辿っても謎解きは出来ません。

アラルとアヌ王の「日本へ渡来」ならぬ、
他惑星から「地球へ飛来」してきた背景から、
日本の『天(の)孫』や、
『人の子』イエスへと、一気にいきたい所ですが、

1つ1つ、パズルを繋ぎ合わせる作業を、
非常に地味ですが、地道に進めたいと思います。

 

 

神仏や悪魔とは何なのか。
それらは「紙一重」ではなく、表裏一体。
現代は、地球まるごとを、包括して捉える時代です。

物事を多角的に辿る事で、全体像を掴む。
木を見て森は見れませんしね。

カゴメ歌の「鶴と亀が統べった」を、
もう始めてもいいんじゃないかな、と思う次第です。

 

 

ーーーーーー

 

 

お寺を出たら、もう真っ暗!
駅前のカフェで「illy」の看板があったので入り、
暖かいカプチーノを頂く。

北鎌倉駅17:38発の湘南ライナーで池袋駅まで。
池袋駅デパ地下の叶松寿庵に寄ってお土産ゲット。

そのまま東上線で和光市へ。
パートナーのヤス君の実家へ、夕食をご一緒しに。

久しぶりに丸一日出て、秋の遠足となりました!

 

 

shine ご支援shine


皆さまからの暖かいご支援を
お待ちしておりますsign03  


こちらから confident →  ◎◎◎

 

 

 

徒然30:「お家ご飯 」

 

 

元々料理をする事自体は好きではあったけれども、
ヤス君と一緒に過ごすようになって、
一緒にご飯を準備して食べる事が、とっても楽しい時間。
そして「美味しい〜!」ってのが、尚、嬉しいのです!

 

 

 

晩御飯手羽元餃子.jpg

↑この日は、サラダと、手羽元と餃子、お味噌汁&ご飯。
お茶は焙じ茶。

 

 

 

 

全部作れる時もあれば、お惣菜も添えての日も。
近所の商店街で長年お店をしていたお惣菜屋さん。
この春で閉店となりました。

度々お世話になっていたお惣菜屋さん。
特にカボチャの煮物が絶品でした!!!

 

 

 

 

晩御飯ポークバルサミコ.jpg

↑ベーコンのサラダ、ポークグリルのバルサミコソース添え、
煮物惣菜と、エンドウ豆の塩焼き、カボチャのポタージュ。

 


 

 

自分は運動不足からの、代謝が落ち、体脂肪率も上がり気味に。
「糖質を抑えて、肉肉ダイエット!」という事で、
最近の特にランチではパンやご飯をそれ迄より控えめに。

 

 

 

 

肉肉ダイエット.jpg

↑近所のスーパーでローストビーフのサラダを、
一緒に購入したラム肉を焼いて頂きました!

 

 

 

 

自分は揚げ物は殆どしてなかったけれど、
以外と簡単だよーってヤス君。
隣町のお肉屋さんで豚ヒレ、近所のスーパーで烏賊を。
 

隣町のお肉屋さんは重宝していて、
自転車でちょくちょく買ってきます!

 

 

 

晩御飯ヒレカツ&イカリング.jpg

↑この日は、豚ヒレカツと烏賊リング。アサリのお味噌汁。
サラダに、炊き込みご飯でした。

 

 

 

 

以前、甘辛にした手羽元が美味しかったので、その第二弾!
ヤス君も手馴れてササッと作ってくれました!

ホタテ貝が売っており、惹かれて4枚買ってきたんです。
自分で捌くのが初めてでかなり苦戦しましたが、
オーブンでバター醤油焼きに。

 

 

 

 

手羽元2.jpg

↑この頃から、サラダと出来たてのお料理から食べる習慣に。
サラダもレモン絞ったらすぐ食べないと味が変わるし、
お料理も冷めないうちに食べて、美味しく頂く流れに。
 

 




手羽元に引き続き、ホタテとハマグリ!
スーパーでは三つ葉が売り切れで、どうしたものかと、
近所の八百屋さんには「根三ツ葉」を発見!




代用して「ハマグリのお吸い物」を準備。
とても美味しく出来ました!

 

 

 

 

手羽元2ホタテ.jpg

根三ツ葉はとても味わいがあって美味しかった!
ホタテもプリプリで最高!ハマグリのお吸い物も美味しく、
筍のお漬け物とご飯で頂きました。

 

 

 

鯛のサッパリした白身が好きでして。
お刺身でももちろん大好きなのですが、
この日は、ポワレにして、バルサミコソースで。

スーパーでブラックタイガーがあったので、
ヤス君はエビフライを作ってくれる事に。

 

 

 

真鯛のポワレ.jpg

 

 

 

 

鯛はおっかなビックリ火入れしていたか、火が弱かったか。
ポワレなら、表面はもっとパリっとした方が良かったな!
とは言え、美味しく頂きました!

 

お次は、ヤス君のエビフライ!
もう揚げたてのサクサク、海老はプリプリ!
もう美味しいの何のって!

 

 

 

エビフライ.jpg

 

 

 

 

食後のデザートも、お楽しみの1つなんですよね!
 

個人的にお茶が大好きなので、
何某のお茶は食後に淹れてているのですが、
お抹茶とくれば、和菓子!
 

 

 

 

お抹茶&羊羹.jpg

 

 

 

 

虎屋で和三盆入りの羊羹を発見!
和三盆の優しい甘さが、とても美味しかった!

 

後日、実家の両親へとヤス君が、
同じ和三盆の羊羹と、
登山する母にへとミニ羊羹を幾つか、
プレゼントしてくれました!

 

 

 

 

お抹茶&豆大福.jpg

 

 



 

こちらの、豆大福。
よもぎ餅は、この季節ならでは。
美味しい上に、毒消しの作用もあるとか。



乗せている漆器は、
ヤス君のお母様からの頂きモノ。
大事に使わさせて頂いてます!

 

 

 

 

抹茶&豆大福&花.jpg

 

 

 

 

身近な家族からも見守って、応援され、
手助けをも頂ける事の有難さ。

今晩、ヤス君のお母様から少し早めの誕生日会を、
この後、開いて下さるとの事。

 

 

度々、ヤス君のご実家へと伺い、
一緒に夕食を頂いていますが、
今晩は、どんな感じになるのかな?

楽しみ〜!shine

 

 

 

ーーーーーーーーー

 

 

久しぶりのコラボ企画を準備中です!flair

 

 

詳細のお知らせはまた改めて。
どうぞお楽しみに!happy01

 

 

 

徒然29:「満開の桜と新緑」

 

 

今月6日に、
「桜を眺めるのなら、今日が今シーズン最後だな!」と、
昼下がりの中、ピピっときたら即行動との流れで、
見たい桜を眺めて散歩してきました。

 


千鳥ヶ淵の夜桜は見てこれましたが、
昼間の花見も是非見たいゾ!という事で、
地下鉄に乗って、近くの光が丘公園へ。

 

 



IMG_2608.JPG

 

 

 

場所柄か、昼下がりの公園には、
まったりのんびりと過ごす沢山の家族連れが、
桜を見ながらユルユル楽しんでましたよ!

 

そんな「日常のなんでもない風景」が、
何よりも大事なエッセンスなのかもしれませんね!shine

 

 

 

IMG_2612.jpg

 

 

 

 

カメラを片手に満開の桜の花をゆっくり見る事が出来ました。

 

 

 

 

IMG_2620.jpg

 

 

 

 

空の青色、新緑、雲の白色、桜のピンク、芝生の黄緑、

大地の茶色、影の黒。


 

 

 

IMG_2619.jpg

 

 

 

 


それらのコントラストが、とても綺麗でした。

 

 

 

 

IMG_2632.jpg

 

 

 

 

芝生に座って、のんび〜りする時間。

 

 

 

 

IMG_2636.jpg

 

 

 

 

白色の桜が一本だけ咲いており、

 

見事に満開でした。

 

 

 

 

IMG_2640.jpg

 

 

 

 

満開の桜もさる事ながら、

新芽が芽吹いて、鮮やかな黄緑色を魅せてくれていました。

 

 

 

 

IMG_2645.jpg

 

 

 

 

本当に自然の姿は美しいですね!
 

鮮やかさに、目を見張りました。

 

 

 

IMG_2648.jpg

 

 

 

 

下の写真は少し影ってますが、桜のピンクと、

 

新緑の黄緑が折り重なっていて、とても綺麗!

 

 

 

 

IMG_2651.jpg

 

 

 

 

春の鮮やかなグリーン!

 

公園からの帰り際に、目が吸い込まれた新緑グリーン。

 

自然の姿、自然な姿って、本当に美しいですね!

 

 

 

IMG_2654.jpg

 

 

 

 

近場の公園でのお散歩でも、
 

こんなに綺麗な世界を魅せて貰えましたshine

 

 

日々、日常を心❤️のままに、

丁寧に生活してみると、沢山のギフトに出逢えますね!good

 

 

 

 

IMG_2660.jpg

 

 

 

セラピスト講座「第1期生募集中flair」:
詳細はこちらから → ★★★

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎

 

 

✨シェア・貼り付け、大歓迎 happy01 
     
 応援宜しく御願い致します!✨ 

 

 

 

 

徒然28:「夜桜⭕️・千鳥ヶ淵」

 


ヤス君がお休みの日、
雨も止んだから、桜が見た〜い!一緒に観に行きた〜い!、
お花見に連れて欲しい!と、リクエストflair
 

ヤス君オススメの場所で夜桜見物をしにいく事に。
ピアノを弾いてた頃は、子供の頃から、盆も正月も、
季節感はあまり無い人生だったんですよね。
(一点集中でそれはそれですけどね!)

 

 


無我夢中に没頭していたというよりは、
時間に追われて、、、というのが正直な所。
桜の季節は、学校に向かう道で歩きながら桜を楽しむ程度。

お花見に行く事自体、片手で指折りな程度でした。
本当はお花大好きなんですよ。
都内の桜は満開との事で、このタイミングを逃したく無いsign01
という事で、お花見決定sign03shine


 

      ーーーーーーーーーー

 

 

洗濯やら部屋の掃除もしたかったので、二人で済ませ、
途中、新宿でお抹茶を買い、
ヤマダ電機でレンズ保護カバーを買い、
用事を済ませて、車で靖国神社を目指しました。

近所の千川通りは桜台を通過した辺り、
地名の如く、桜並木なのですが、満開で、
助手席に乗って「綺麗だね〜!」「綺麗だね〜!」っと、
連呼しておりました。


 

その日(3日)は、昼過ぎまで雨が降ってたんですよ。
午後になって止んで、夕方からお花見との流れは、
そりゃ、他の皆さんも、そう考えますよね...。

靖国神社の近隣の駐車場が尽く「満車」sweat01
少し引き返して、空いてるパーキングに停めて、
そこから靖国神社までタクシーに乗りましたflair




 

 

IMG_2533.jpg

 

 

 

 

お花見は千鳥ヶ淵ですが、夕食前で既に20時を過ぎ、
その前に出店で何か腹ごしらえ。
が、ピピっとくる出店があまり無く。

出店エリアも終わりに近づく頃に、
中東のあんちゃんが営むお店に、
すーっと吸い込まれて、ケバブを2つオーダー。

待ってる間に、えーっとアラビア語が出てこない。
モロッコで幾つかは覚えた筈なのに、出てこない...。sweat02


 

 

受け取る時に、あんちゃんは「Thank you」とか、
「アリガトウ」と言い渡して下さったので、
シュクラン(有難う)」だけ、やっと言葉が出てきて、
言えたのでした。

こんな、ちょっとした掛け合いが、楽しいんだよね。

そしたら、そのあんちゃんは、実はトルコ人。
素で笑ってくれてたんだけれど、トルコ語だよね。
顔写真付き営業許可証にはトルコ人って書いてある。
ま、その昔はアラビア語、細かい事は気にしない  bleah

 

 

 

IMG_2530.jpg
 

 

 

 


食べ終わって、神社を出て、歩道橋を渡ると、
綺麗なライトアップが見えてきました。

歩道橋を降りてみると、撮影ポイントなのか、人集りが。

 

 

 

 

千鳥ヶ淵.jpg

 

 

 

 

 

成る程flair いやぁ、これは本当に、綺麗だね!shine

水の反映、水面に映る、その色がとても綺麗。

 

 

 

 

IMG_2546.jpg

 

 

 

 

ヤス君と一緒に写真に映るのも忘れて、
シャッターを切っておりました。

少し進むと、ものスゴく人が並んで群がっているのです。
何やら、撮影ポイントがあるとかで、長蛇の列。




ヤス君に、「自分らも並ぼうよ!って誘って、
並んで、東京タワーを背景に写真を撮りました。

ちょっとポイント枠の一番左寄りになってしまって、
すぐ目の前の木の枝が、障害物になってしまったけれど。

 

 

 


IMG_2553.JPG



 

 

 

ヤス君がお気に入り1番の「桜のお花見ポイント」が、
この千鳥ヶ淵だそうで。


連れて来て貰えて、本当に良かった!

 





 

千鳥ヶ淵2.jpg



 

 

       ↑↑↑↑↑


少し金網や木の枝が影となり、多少邪魔してますが、
 

それでもと〜っても綺麗だったので、UPflair

 

 

 

 

IMG_2565.jpg

 

 
 
 
 
 
三脚を持たず、フリーハンドで、お気楽な撮影なもので、
人混みの中で、至近距離のお花を「パチリ」と
撮影するのは、難しかった。




この花の写真は、枝振りを真上に見上げて、撮影しました。

 

 

 

 

IMG_2573.JPG

 

 

 

 

 

それでですね、カメラを片手にゆっくり歩いていましたら、
突如目の前にゲイカップルさんがいらっしゃって、
目が合ったんですね eye

 


とたんに自分がソワソワしてるのに気付いたんですね。
とっても仲睦まじくされてるもんだから。

 

 

 

 

IMG_2575.JPG

 

 

 

 

 

自分は撮影に専念するも、
とは言えど、(彼らから)見れば、
(自分daisuke達もカップルだと)解りますから.....。

 

けど、何故だー?何故後ろにピッタリ張り付いて歩くー!?
落ち着かない自分は、立ち止まって、撮影して、
そのお二人に先を行って頂いたのでした。

 

ヤス君も彼らを見て「カップルさんだねー!」って。
人前だろうが、何だろうが、仲睦まじい姿のお手本を、
そのまんまの姿を、彼らに見せて頂けました。

 

 

 

 

IMG_2585.jpg

 

 

 

 

見物している皆さんも、ほんわか朗らかで、

歩いててとっても心地よかったんですshine
 

 





千鳥ヶ淵3.jpg
 


 

 

「千鳥ヶ淵」のお花見コースも、終盤戦に。



一段上がった、見晴台のようなポイントがあったので、
階段を上がってみると、これまた綺麗な景色が見れました!
 

 

 

 

千鳥ヶ淵4.jpg

 

 

 

 

 

そして、他には、こんなのも!

 

 

 

 

千鳥ヶ淵5.jpg

 

 

 

 

次はこれ!

 

 

千鳥ヶ淵6.jpg

 

 

 

さらに、もう一枚!

 

 

 

千鳥ヶ淵7.jpg

 

 

 

 

本当に、綺麗な夜桜ライトアップでしたshine

 

 

LEDの色付きではあるけれど、
こちらのピンクな桜も、綺麗な光景でした happy01

 

 

 

ピンク桜.jpg

 

 

 

 

最後にヤス君が写真を撮ってくれると、
興奮さめやらぬでテンション上がったていたのか、
口が半開きに。
 

22:00のライトアップの消灯前ギリギリに、
丁度見終われて、タイミングもバッチリ!
とーっても、満足な夜桜見物となりました!lovely

 

 

 

 

 daisuke千鳥ヶ淵.jpg

 

 

 

お腹も空いて、さて夕食はどうしよう?となるも、
ヤス君のエスコートで、新宿御苑にある、
イタリアンはラ・ボエームへ。



22:30のラストオーダー前にちゃんとチェックイン出来、
ズワイ蟹とアボカドのサラダ、若鶏はガーリックロースト、
ゴルゴンゾーラ&蜂蜜のピッツァ、
手長海老のパスタを頂いて、お腹も満たされ大満足。


 

食べ終わった後は、そのまま助手席に乗ってるだけで、
自宅に到着、有難や。素敵な1日となりましたshine

 

 

 

✨シェア・貼り付け、大歓迎 happy01 応援宜しく御願い致します!✨ 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

セラピスト講座「第1期生募集中flair」:
詳細はこちらから → ★★★

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎

 

 

 

 

 

 

 

 

徒然27:『梅(府中・郷土の森) 』

 

 

先月は府中にある郷土の森公園に梅を見に行ってこれました。
(桜の写真も控えているので、先にUP!)

この日の数日前に、八王子方面に出かける事があったのですが、
梅を見に高尾山方面に行くには、時間がもう午後の3時頃。
近場の府中へ変更となり、ヤス君の車で郷土の森へ。

 

 

 

 IMG_2062.jpg

 

 

 


天気は曇り、少々肌寒かったですが、
お花大好き、自然大好きっ子なので、
楽しんでこれました。

 


 

 IMG_2154.jpg

 

 

 

写真を撮影、写る側の時には、未だ未だ表情が、
カチコチに固くなってしまうんですよ。
どうしていいか解らなくて、
どうも力が入って力んでしまう。

子供の頃は、と言いますか、
つい最近までは、本当に写真に写るのが、
嫌だったんですね。

自分嫌いの度合いが、
つまりは、自愛度数が、丸分かり...。

 

 

 

 IMG_2156.jpg



 

 

カメラのレンズを覗くと、
人の目を除いているようで、
つまりは、己の心の目を見ているようで、

いてもたってもいられない!
そんな心地に落ち着かないモノでした。
これからは、ばんばん写真に映っていきますよ!



 

 

 IMG_2084.jpg

 

 

 

購入したニコンのカメラも、早く慣れてしまいたいな!と、
梅の写真を撮ってきましたよ!

この上下の2枚の写真、中々綺麗に撮れました!


 

 

 IMG_2085.jpg

 

 

 


写真撮りながらゆっくり歩いて、鑑賞して。
途中ベンチで休憩モードに。
手持ちの水筒から温かい紅茶と、
バームクーヘンなんぞを摘みつつ。

 

ヤス君が「鳥さん来たら面白いのにねー!」
って、言ったら、ですよ?
何と、鳥さんが、遊びに来てくれました!

 

 

 

 IMG_2096.jpg

 

 

 

慌ててシャッター切るも、
中々ピントも合わないし、
鳥さんじっとしててくれないしで、
1枚だけ顔を見せて写ってくれました!


 

その後は、黄色の花の蝋梅(ロオバイ)に移り、
チョコチョコっと移動したと思ったら、
飛んでいってしまいました。

鳥さんは時間にして3分程相手してくれました。
少しの時間だったけど、遊んでくれて有難う!

 

 

 IMG_2098.JPG

 

 

 

 

蝋梅のシーズンは、もう終わってて、
花の色が若干茶色に変色していましたが、
かろうじて2本の木に、未だ花が枝に残っていました。

 

 

 

 IMG_2099.jpg

 

 

 

どうも自分daisukeが写真に写る時に、力むので、
突如、ヤス君の写真レッスンが、始まります。

 

 

まずは、ヤス君のお手本から。
何の躊躇いも無く、ハイポーズ!

 

 

 

 IMG_2103.jpg

 

 

 

で、人気も無い事だし、daisukeも。
って、写る瞬間に、前方から人影をセンサー察知。
とたんに、固まる。

 

横に倒れるも、顔は硬直。
寒いし、もう、これは、とても、シュールです。
我ながら、写真は本当に、モヤモヤ体験のアイテムです。。。

 

 

 

 IMG_2107.JPG

 

 

 

未だ未だ、気張ってキザろうとしている、
変にカッコ付けようとしてる自分が、残ってますな。

 

さすがに凍えてきたし、閉園時間5分前になったので、
引き返す事に。


 

 

 IMG_2113.jpg

 

 

 

もう一度、UPの梅の花を撮影して、

池で泳いでいたカモさんにお別れの挨拶をしてから、

 




 IMG_2116.jpg

 

 

 

 

最後、ヤス君に写真を撮って貰ってから、
この日は退園となりました!


府中で梅を見た後は、
和光のヤス君の実家へお邪魔して、
お夕食をご一緒させて頂いてからの
帰宅となりました!

 


 

 

 IMG_2128.jpg

 

 

 

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨ 

 

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎

 

 

 

セラピスト講座「第1期生募集中flair」:
詳細はこちらから → ★★★


 

 

 


 

徒然26:Tony Remy とCotton Club

 

少し前になりますが、2月5日には東京駅前のコットンクラブで、
旧友ギタリストTonyの公演をヤス君と一緒に聴いてこれました。

 

Tonyとははや10年程で当時は、お世話になった亡きFrankieさん
のDJ公演中にVIProomに遊びにきていたIncognito のメンバー。
その中にいたTonyが何故か声を掛けてくれてから来日する度に、
合流させて頂いています。

 


因みに上記リンク先では、ONE LOVEを提唱しているincognitoは
「地球人類よ覚醒せよ!」と歌ってます!
Frankieさんのアルバム「A NEW REALITY 新しい現実」では、
私daisukeが7曲目『Emotional Energy 』を作曲&演奏してます。
本当に、本当に、不思議なご縁です。

 

今回はPee Wee Ellisのバンドメンバーとしての来日で、泥臭い
&古典的JAZZかと思いきや、温かい素晴らしいライブでした。
何よりも、ヤス君と一緒に聴いてこれたのが嬉しかった。

Pee WeeJames Brownと一緒に活動していた重鎮。

 

 

 

tonyのサムネール画像

 

 



その前日と当日はヤス君の診察の同行。ライブ前に夕食の時間が
ゆっくり取れ無いので、初めてテーブルでディナーを頂きながら
のステージ鑑賞となりました。

Tonyは、自分が希望した最終日の2ndステージを招待下さって
たのですが、コットンクラブへ到着すると、1stを終えた彼が、
入り口で談笑して待っててくれました。

 

Tonyと開演ギリギリまで話してから、テーブルについたので、
コースディナーもやや駆け足で慌ただしく食べる展開に。
バゲットにバターが添えらていなかったので、エシレバターを
リクエスト。付いてないのなら先に頼んでおけば良かった!

 

 


    tonydaisukea.jpg

 

 


ライブは2曲目でPee Wee がバラード調で歌った
I Feel Good.で涙がウルウル。

ヤス君と一緒にディナーを頂きながら、
ライブを聴けるなんて楽し過ぎて夢のよう。


 

公演最終日の2ndステージとあってか、出演者の熱気も、
息も、素晴らしい。いつものソウルフルな安定した、
Tony節のギターも聞けて、大満足でした!

 

 

白塗り.jpg

 

 

終焉後にTonyと写真をパチリ ↑↑↑
ライトが当たりすぎ、飛ばしすぎで、
スズキソノコ様ばりの白塗りの顔に。。。




まぶた.jpg

 

 

 

 気を取り直して撮るも、
今度は瞼を閉じてしまい、変顔に。。。
2枚目路線は無理なのか、、、3枚目で行くのか? 
せめて2.5枚目で行きたい所だ。。。
 

この後はTonyと新橋の店へ移動して暫し談笑。
終電帰宅となりました。

 

 

4月からセラピスト講座を開始します!
まもなく募集開始しますので、お見逃しなくshine


 

 

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨ 

 

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎

 

 







 

1  2  3

PAGE TOP