ホーム > 悟りの扉 > 2012年9月

2012年9月

徒然25:私は果報者(チム・チム・チェリー)   

 

最近いつの頃からか、何気に「チム・チム・チェリー」と、
歌うような独り言を言うようになってまして。
でも、自分で「なぜその言葉なのか」全くもって解らずでした。

『チムチムチェリーって何?』

検索してみたら、映画「メリーポピンズ」に出てくる歌だそうで。
メリーポピンズと言えば、魔法使い。
歌詞はこちら



 

幸せの極み。「私は果報者」で、「寝て果報を待て」の果報!
つまりは「私は幸せ者!」だったのです。

幸せを感じる為に、不幸を体験する。
昼も無ければ、夜も無い。
半分は影で、半分は光。
 


 

メリーポピンズは、殆ど観た事が無いんですよ。
それにも、関わらず、
『チムチムチェリー!チムチェリー!』
が、口癖な昨今。
『私は幸せ者!』って歌っていたのですねshine

 


 


シンクロのお知らせは、多方面からやってきますね!


 

     ーーーーーー

 

幸せと言えば、
ヤス君と一緒になって本当に幸せ者なんですよ。
ヤス君の事が、本当に大好きで、
ヤス君じゃなきゃ、ダメで。

 

昨晩、グループセッションのお知らせを書いてたのですが、
申込用フォームを作り直してて、
意外に手こずり、明け方近くまで掛かっちゃったんですよ。

 


夜更かしの入れ替わりで、ヤス君が早朝にお仕事出発して、
自分は昼から歯医者だったのですが、
電話入れて起こしてくれたんですよ。
(しかも元々設定してたスマホ目覚まし時刻の2分前!)

その後、ご飯準備して食べていたら、再度電話が入って、
『後少しで一旦戻れるから、歯医者に送ってくよ!』とな。

ヤス君に送って貰って、歯医者が終わる頃、
何も連絡をしていなかったのに、会計待ちの最中に、
なんと歯医者に迎えにきてくれました!


 

全て完全完璧なタイミングと内容。
「あぁ、私は幸せ者」だと実感する。 
私は「大好き」に囲まれている幸せ者。

 

 

夕日9.jpg
この吸い込まれるような深い藍色と、光の金色、大好きです。
サロンのセッションルームからの眺望も大好き!

 

 

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨ 

 

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎

 

 

   shineイベント情報 shine

  お茶会グループセッション
〜 私以外は「ワタシ」じゃないの 〜

 2月7日(日) 詳細はこちらから

 

 

 

 

 



 

徒然24:胸❤️のつっかえが取れる時(3)

 

ミュージアムの最後に、お土産を買って、
そのままヤス君の実家に届けてから帰宅の予定が、
向かう車中で、夕食もご一緒させて頂く事に、変更!

その後帰宅し就寝時間となり、ベッドに入った後に、
本当の意味での「メインイベント」が待ち受けていました。
 


 

布団の中でヤス君に、ミュージアムで落ち着かず、
ワサワサしていた事を、そのまま話したんですよ。
よそよそしく立ち振る舞った状態であった事、
一目を気にしていた事。


気にかけてくれて、カメラやマフラーを、
楽チン状態にしようとしてくれていたのに、
その行為を「素直に受け取れなかった」事、
受け取り下手については、また別記事に改めようかと)

その結果、ヤス君が愛想ついて、
視線も合わせない状況に在ったた時、
もの凄く寂しかったワサワサしていた事を。

 

 

で、「寂しい」ってキーワードを発しながら、
泣いていたら、突然浮上したのです。

昔、知人に一対一では普通に接してくれるも、
パブリックな場では、知らん顔。
知らぬ存ぜぬな素振りをされる体験をした事を、

一人でなく、複数人からあった事を、思い出したと言うか、
「同時に複数の体験がフラッシュバック」しまして、
悶絶体験に突入したんですよ。

 

時間って、空間って、
在るようで、ホント無いんですね。。。
リアルに悶絶バーチャル体験してビックリです。

って、現実もリアルなバーチャルでしょうけれど!



 

バルコニー.jpg
(お天気も良かったので、自宅バルコニーから撮影)




これは本当に、物凄い「地獄」な不快感でした。
記憶が複数同時に重なって起こり、
その複数が同時に体験する展開...。

嗚咽しながら、ね。

ヤス君が『力抜いて、リラックス〜!』って、
してくれるも、
脱力すればですね、
容赦なく、感覚は増大するんですよね・・・。

 

 

その感覚から逃れる為に、
グッと力が入って身体は硬直するんです。
(力んで、感覚を遮断してしまうんですね)

「リラックス〜!」の掛け声に、
脱力をするも、その感覚の波は巨大になるばかり。

苛烈過ぎて、とうとう?思わず?
「死にたい」
と過呼吸気味にもなりながら、言ったのです。




いやぁ、我ながらビックリ。
2度の自殺未遂を経て、今に至ります。
どう転んでも、もう自死はありません。

が、ポイントは、
この「死にたい」発言は思考エゴ自我。
思考エゴが死ぬと、本質❤️が産まれるんですよね。

ある意味、潜在意識(エゴ)ですら、
もう本質❤️(女性性=感覚=創造主)に、
明け渡すと、そう宣言してたんですね。。。



『死にたい』=『本質❤️を生きたい!』ですから。

 

この日の最後の最後で、ラスボス出現な流れ。
就寝時間も遅くなりましたが、
翌日は、意外にスッキリしており、

多少なりとも「ワサワサが抜ける」と、
身も心も軽くなります。
胸のつかえが、ようやく取れて、抜けていきました。

 

 

心❤️の感覚ナビに沿って進めば、
そして、シンクロのお知らせナビに沿って行けば、
時に、一見「ナンジャこりゃー!」って、
大問題勃発な展開にも見舞われるかもしれませんが、

ちゃーんと、その後に、一皮むけて、
楽チンに、心地よいよい!が、待っている。
 


 

ブログ用.jpgs
(グログUP前のお茶タイム)

 


今後展開する、セッションや講座&イベントでも、
「心❤️とシンクロ」の扱い方を、お伝えしますね!

近日中に「募集開始日程のお知らせ」を発表致します!

 

 

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨ 

 

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎

 

 

 




 

徒然23:胸❤️のつっかえが取れる時(2)

 

カフェにてお腹を満たした後、
すっかり日が暮れましたが、野外展示を観に、
まずは「きれいなジャイアン」から。

 

きれいなジャイアン.jpg

 

 

ここまで来たら、ひたすら「写真に写る練習」です。
実は「被写体」になるのがとっても苦手だったんですよ。

子供の頃から自分自身を嫌って否定してたもんですから、
とにかく「写真に写りたくなかった」んですね。

映る時には、物凄くワサワサってするんですよ。
どうしたらいいか判らずドキドキするもんだから、
妙に顔面に、顔筋に力が入りがち....です。

 


でもね、本当はバンバン写りたいんですよ、その裏返し。
ホント面白いというか、愛らしというか。
そもそも自分で撮影したり撮影されたりしたいから、
このカメラを買いましたもん。

眼は嘘がつけません。その人のオーラ(雰囲氣)も、
嘘がつけません。状態(心❤️)を表わしてますから。

装ってても眼でバレて(=晴れて)るんですよね。
ギャップがあるつまり嘘ついてるのが、嫌なのです。
(これは、あくまで個人的な「好み」です。)

 

 

つつ.jpg

 

 

偽りのない純粋な世界、綺麗で美しいこの世界が、
本当に大好きです。それを、そのまま、
表現したい、顕したい、作品にしたいんです。
それが好きで、そうしてる人たちが大好きなんです。

「生命=アート」

そもそも実在や実存に、問題は何もありません。
実相の世界を、この現実世界へ降ろす、
つまり、自分自身の本質を表現、アートする。

 

思考エゴちゃんの特性を知れば解れば、解るほどに、
そんなエゴちゃん(=思考=男性性)が可愛らしい。
感覚で創造される、その本質(=女性性)との、
エゴちゃんとのコラボレーション。

その共同創造が、キーワード。
それを、ワクワクを、実際にやるか、やらないか。
決して、そのどちらもが欠けては、実現しません。

そのバランスが大切であって、
エゴを悪者にして排除しようとするのは、的外れ。

 

 

下水管大輔.jpg

 

 

外はすっかり暗くなり、気温も下がってきて寒くなり、
もはや「顔面硬直」で映っております...。
後方には、ピンク色に浮き上がった、どこでもドアが!

時空間アトラクション、現実、
パラレルワールド(物理・多世界)、
その気になれば何でも叶う、4次元(=5次元)ポケット。
藤子F不二雄さんのすっかりファンになりました!


最近は、レンタルビデオで、
NARUTOやONEPIECEをハイペースで鑑賞してますが、
漫画の世界も、ほんと、真理を伝えてて、
「すごいなー!」の連発です!
他には、宮崎駿、手塚治、の世界も大ファンです。

 

 

   どこでもドア大輔.jpg

 

 

「どこでもドア」ってのは、私たちの一人一人、
皆の心❤️が持っているのかもしれませんね。
その心のドアのドアノブは。扉の内側にしかついてません。

つまり、扉を開けるのは、自分自身なのです。
他の人に開けてもらう事は出来ません。

自分自身の中の枠を、常識を、タブーを、ピリオドを、
超えていくのは、やるか、やらないかは、自分自身。
やってもやらなくても、どっちでもいい。


その心❤️のどこでもドアを、
勇気をもって開けて、踏み出し、あちら側の世界に、
踏み入れたなら、もっともっと心地よい、楽チンな、
そんな世界が待ってますよ!ってな具合です。

 


①(こちらから)あちらの世界側を観たいな。
②「えーい、扉を開けて超えよう!」
③ わーい!こちら側へ来れたよ!

 

 

どこでもドア大輔2.jpg

 

 

①も③も、どっちも「ここ」なんですよ、実際には。
それでもって、何かヤだなーw とか、
何故か解らないけど、凄く惹かれる!とか、
その時々での、その時のその瞬間の感覚なんですよね。

何か違う、もしくは、凄く惹かれる、から、
「扉を開けて、もっと心地よい方へ超えていこう!」と、
扉を開けて、超えていくんですよね、毎回、毎回。
一つ一つ。

その時々(=今)に自分自身が居る在る、立っている地点、
その座標点が「ここ」。つまりは、be here now.

変わろうとしなきゃ、勝手に「変わる」。
その心❤️の感覚を変えずに、そのままアウトプット、
変えずに、そのまんま表現(行動・存在)する。

 

 

前日に、どこでもドアをネット上で遭遇し、
翌日ミュージアムに来てしまいました。

したらば、沢山のヒントと、実践を体験出来ました。
帰宅後も、夜は夜で「死と生」が浮上。

大きな大きな「感情体験」が待ってました。
続きはまた次回の記事(3)にて!

 

 

IMG_1800.jpg





昨晩は、大根のお味噌汁と親子丼&サラダを作って、
ローストビーフサラダを準備して食べてましたが、
今日は外食しようか?と、

もうそろそろヤス君に電話をしようとしたら、
電話が掛かってきて『実家で食べないか』と。
最寄駅まで乗ってしまえば電車で20分の距離。
では、準備してお呼ばれして来ます!
 

 

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨ 

 

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎




 

 

徒然22:胸❤️のつっかえが取れる時(1)

 

一昨日、ヤス君が寝起きに突然寝ぼけ眼で
「カメラを買いに行こう!」と言いだし、
そのまま一緒に新宿のヤマダ電機でGETシテキマシタ!

売り場でスタッフに、スペックから詳細に教えて頂いて、
幾つかのカメラを実際に手に取りながら、比べてました。

何度も何度も、比べて手に取ってみて、
やっぱりしっくり来るのをお買い上げ。Nicon D5500
(未だ未だ1発で決めれずに、ビビリでチキンです...。)
ダブルズームキットってのを、購入してきました。

 

 

お値段99900円に相当ワサワサするも、
他ではスッキリしない、この納得なワクワク感。
おまけに最近連発する「999」がここでも登場!

ファミリー向け商品との事で、
これからの生活を活動を写真に残していきます!


 

事の発端は、クリスマス前に、
録音部隊としてスタッフ参加したmamiちゃんのお話会。
mamiちゃんのカメラで、撮影もしてたんですよ。
そのカメレアのクオリティーから
「デジタル一眼レフ、いいなー!」って。

先日のmamiちゃんとのワークショップでも、
ヤス君がカメラで撮影してたんだけれど、
「自分のカメラが欲し〜い!」って思ってたんですね。

しかしながら、いつもの思考問答が!!!
「カメラ欲しい〜!」
「まだ早くない?」
「お金大丈夫?」
「本当に欲しいの?」との具合で、
飛び込めずに、足踏みしてたのですよ。

 

 

ドラスコーン.jpg

 

 

で、昨日はそのカメラを持参して、二人で
「藤子・F・不二雄」ミュージアムへ。
そう、前回のブログにも出てきた「どこでもドア」の
ドラえもんの作者、藤子F不二雄の世界へ!

 

 

入り口前並ぶヤス君.jpg

 

 

 

時間予約制チケット購入で14時枠に入場したのですが、
結構な人数だったんですよ。
実際に入場した直後の展示室は混雑していて。
で、その後に勃発したんです、『超ワサワサ』が。


日頃は「ヤス君と仲良し」をまんま体験してても、
大人数の人前で「いつも通りに接してはいけない」思考エゴ発令。
どこか、よそよそしく振舞ってしまう自分自身。
「ゲイカップル」だとバレたくない、と、
どこかで身構え、思考判断している。

 

 

「今更何を言っとるのだ!」なんですけどね。

 

 

最近、仕事を通して、家族を(特に母と)通して、
ワッサワッサと、モヤモヤーっと、する事が増えてきてて。
と言うか、ささいな感覚でも、どんどん無視出来くなってきた。

自分自身が心地よい事を、極めて拡大していく、
反対に、そうでない事を、ポイッと「手放して」いく。
日々、その練習&積み重ねなのだな!と実感してたんですよ。

 

 

入り口前並ぶ大輔.jpg

 

 

その両方を『実行する』には、
ワクワク系な快感と、
反対の「ワサワサ系な不快感」とを、
両方共、体験するんですよね。

このミュージアムでの体験は、
「自身が心地よいを拡大する」練習となりました。

 

 

ヤス君が、子供のように展示物のショーケースに手をついて
鑑賞している彼に『ケースは触ったら駄目じゃん?』とか、
(展示物には触れてませんよ、もちろん!)

館内の気温が高いので、ヤス君が気を効かせて、
自分が首に巻いていたマフラーを外そうそしてくれた時に、
反射的に力が入って、自分で勝手に首を絞めてみたり。

カメラも首にぶらさげていたので、
ケースに収める時に、そのまま彼が手伝ってくれてたんですが、
もう、本当ワサワサ、ワサワサっと、してたんです。
接近し過ぎ!と、頭のエゴさんがそう判断しつつ。

実は、デートらしいデートって、初めてだったんです。
去年春から同棲はしていたものの、
お出かけデートみたいなのは、実は、初体験。

「うぶ」ですね、、、。

 

 

耳付きドラえもん.jpg

 

 

自分がそんな調子なものだから、
ヤス君も途中、彼に視線を飛ばすと、
プイッと目線を逸らしたりするようになり....。

ワサワサワサワサ、ワサワサワサワサっと、
ワサワサのボルテージが上がる事、上がる事。

何をしても、そういう時って、
避けられないんですよね。
沸き起こるんだから、それを、受け入れ体験するのみ。


 

相手がどうのこうのって、屁理屈並べても、
相手をどうのこうのって、コントロールを図っても、
それ全部トリックで、他人軸だし、
自分自身を受け入れて愛してハグしてないですもん。
全部自分自身で、それを選択していた訳ですしね。

または、言い換えると、愛のプレゼントを、
自ら「受け取り拒否」しちゃってるとも言える。
これは、本当に「もったいなーい!」ですよね。
どれだけ「受け取り拒否」をしてんだか。
「本当は欲しい」のにね、全く.....。

でも、大問題が勃発している、その渦中は、最中は、
その様に、冷静には、客観的には、中々なれませんで、
ひたすらワサワサ、ワサワサ、ワサワサしとりました。

 

 

入り口前並ぶ大輔2.jpg

 

 

展示内容は、時空や惑星地球の文明歴史に言及もあり、
と言うより、藤子F不二雄が没頭してきた内容と言うのは、
自分が取り組んでいる、いこうとしている内容と、
多分に被っていた事に、ビックリしました。

ドラえもん等のメジャー作品だけじゃなく、
その他の作品の中の台詞でも、
本当に共感する内容ばかりで、鑑賞出来て本当によかった!


また、原画も沢山展示されており、
色付けした「色彩感覚」を、直に観れてたので、
その感覚、即ち、心❤️が、伝わってきたので、
そのカラフルな感覚に、とっても嬉しくなりました。

しかも、彼自身の歴史を辿る展示の中に、
私の父(誠)が昔勤めていた会社(Elmo社)の、
ビデオカメラと映写機が、立派に展示されていたのが、
とても誇りに思いました。

(サラリーマンであった父の事を、
 近年までは、リスペクトしてこなかったのです)

 

 

不貞腐れ大輔.jpg

 

 

が、そんなワサワサをしながらの鑑賞を続けてたのもあり、
展示物を鑑賞し終わった頃は、すっかり疲れてしまいました。

展示室を出た所の、キッズブースエリアにての写真。
二人の対照的な顔の表情...。

疲れ果て不貞腐れ顔な私daisukeと、
かたは楽しくで仕方がない、ヤス君。
両者の違い、嘘はつけませんね。。。とほほ。

 

 

ヤス君ドラ焼き.jpg

 

 

この時、展示案内が音声で聞けるトランシーバーを返却。
ヤス君はニッコニコで、スタッフのお姉さんをも、
笑顔にしてしまうという、もう本当、脱帽でした。

 

ワサワサは、これだけに留まらず、
次のシアターでの映画鑑賞の時にも勃発しました。

 

 

シアタードラえもんq.jpg

 

 

15 分の短編映画だったのですが、
シアターで鑑賞する席に着席し、
でも、「人の目を気にしてた自分daisuke」は、

目の前でぴったり寄り添っているカップルさんが居たんですが、
微妙にヤス君と離れて座ってたんですよ。
いつもは、仲良しして、ぴったりんこしてるのに。

 

自分自身の心地よいを、
それを解っているのにも関わらず、
素直になれずに、思考エゴ自ら『受け取らない』をしてしまう。
自宅では、車では、いつも仲良しぴったりなのに。

自宅スペース空間から、拡大していこう。
しかし、その心地よさの拡大するには、ワサワサが伴います。
本当にこの時は、もう「自爆」でした。

 

 

カフェ飯.jpg

 

 

「疲れた&喉乾いた&お腹が空いた」で、
施設内のカフェに入り、オーダーしたのでは、
ジャイ子のハッシュドビーフと、
ドラえもんのドリア。


この時も左側の人は、若干顔が強張ってますね....。
自爆モードがこの後も続いたんですが、
この続きは、次の記事にて!

 

 

自分自身の価値観に合わない、
嫌いなモノ、嫌いな事柄、嫌いな人、
それらは、どんどん断捨離していこう!
自分自身を極める!と、どんどん進めていこう!

唯一無二の自分自身を、自分に嘘付かないで、
そのまま生きよう。
寂し泣きと、嬉し泣きが、連日続いてます。

おやすみなさい。

 

 

 

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨ 

 

 

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎

 

 

 


 

徒然21:「どこでもドア」と「座敷童」

 

 

「どこでもドア」

先日の4日に、ヤス君の内視鏡検査で病院へ一緒に行ったんですよ。
で、待ち時間があったので、手持ちのパウンドケーキを食べようと、
移動しようとエレベーターに並ぼうとしたんです。

後ろからささささっと、女性が早歩きでエレベーターに乗り込み、
「ドアを閉めて」 移動されて行かれたのです。

 

 


自分達は慌ててはいなかったので、
エレベータードアの前に到着してから、
ヤス君が上階のボタンを、押し直して、
降りてくるのを待とうとした、その時!


ドアが開いたんです。


その1機しかないエレベーターは、
上階に移動して其処には待機して「いない」筈。

2人で顔を見合わせました。
誰も乗っていない...。女性も居ない...。
 

 

 



消えた彼女は、時空間移動をする女性でした。
実際にいらっしゃるんですね〜!
目の前に顕れて、見せてくれました。

 

 

 

 

ドア.jpg

 

 

 

 

      ーーーーーーーー

 

 

 

『座敷童』
 

そのエレベーターでの出来事の数日後、
夜、寝てる最中に、ヤス君がビックリした声を出したんです。
『誰かが、脚を踏んだ。ベッドが凹んでる!』
寝ぼけながらも、そちらに目をやると。。。。



自分も起き上がり、彼の足元のマットレスを触ると、
ちゃーんと足跡みたいな凹みがしっかりと残ってる!
低反発みたいだと凹みが残らない筈なのに!!!


さてさて、ヤス君の足元に居たのは、
『座敷童』だったのでしょうか?



 

 

                     ーーーーーーーー

 

 

 

自分自身が持つその「常識の枠」を、取っ払っていくと、
観える世界が、体験する日常が、
どんどん変わっていくんですよね。

 

 

「時空を超える」とは、どんな体験なのでしょう。
私たちがこの世に「生まれてきた」のは何故にでしょうか?

私達が、私自身が「知らない」事が、
とても面白い事が、未だ未だ沢山ありそうです!

自分が自分らしく在れば在るほどに、
いろんな「種明かし」が視えてきます。


 

 

 

以前、20代の頃(現在39歳です)に、
『帰りたい』って強く強く思っていたんです。

しかし、生まれ故郷の大阪府、北河内ではない。
かと言っても、10代を過ごした愛知県は清洲市でもない。
夜空を見上げて、遠い星々を眺めていたものでした。

 

 

 

 

この3年で、
この惑星「地球」に転生する前の記憶を持つ友人が顕れたり、
時作自演のピアノ作品タイトルに「Emotional Energy」と、
名前を付けて「A New Reality」というアルバムに
収録してくれたグラミー賞受賞者でもあった友達も顕れました。

感情を体験する遊び場、遊園地「地球」、
そして、その常識・信念の枠を、取っ払って、拡大していく、
「新しい現実」の体験。a new reality

その友人Frankie Knucklesは、初めて会った時に、
「今生で出逢えて良かった」と伝えてくれ、
交流期間を経て、2014年春に昇天しました。

 

 

 

 

私達は、自分が自分で在る、その心に素直で在ればあるほど、
本来の姿に還っていきます。

『帰りたい=還りたい』

本来の「私」とは、宇宙そのものである「私自身」の姿。
 

「アイカワダイスケ」として顕現している限り、
ソノ事を、自由である事を、愛であることを、
多方面のアプローチから『伝えてゆきたい』のです。

 

 

 

 

その無限の愛の循環を体験していくステージへ、
アイカワダイスケも移行しながら、
ソレを「ご案内したい」のです。

先日、新たなる出発を「突きつけられるような」出来事も起こり、
と言うか、
もたもたしてたので、お尻に火を付けられたのでしょう。
それは、大いなる自分自身から。


 

 

 


今後は、コラボレーションなどで、
広く皆さんと関わり合いを深めて、
思いもしなかった化学変化を楽しみながら、
活動を進めたい!と。

もちろん、それは
「自分自身が楽しい会」であるのが大前提で!
今年はそのスタートの年です!

 


 

 

 

私daisuke自身が、
非常に「ビビりshock」でへっぴり腰であるがゆえに、
周りに助け舟出して貰いながら。


そんな姿も、心の中も、そのまんま曝け出しながら、
それでも、自分自身にとって、心地よい、
つまり、その無限の循環の流れに乗った、
生命の流れに「素直に」沿った、
日々日常の幸せを、分かち合いたい。





 


ドラえもんの四次元ポケットも、どこでもドアも、
みーんなホントの事なんだよね。

愛とは勇気。


さぁ、次のステージへと、その1歩を踏み出そう!
後はその女性性からのインスピレーション、ビジョンを、
男性性からの行動し「形」にする、実現する、体験する。
 


降りたビジョンを、
そのまま「やるだけ」「実行するのみ!」

 

やる事いっぱいだー!shine

 

 

 

 

The daybreak.jpg

「夜明け」北穂高岳から撮影 photo by daisuke aikawa

 

 

 

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨ 

 

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎

 

 

 

 

 

徒然20:どんな自分もOK!!!

 

先日開催したワークショップは、
4名の方が参加下さり、
グループセッションスタイルとなりました!

皆それぞれが、ワクワクする感情ナビを辿って、
自分自身の体験したい事を「そのまんま」すれば、
体験出来るわけですが、

その過程『プロセス』がある事。
1つ1つ、そのプロセスをこなしていく事で、
次に進める事。






つまり、どんな状況、状態であっても、
「そのプロセスの渦中であるのだ!」
「どんな自分でもOK!!!」
という事を皆で確認する流れに。

mamiちゃんが、振ってくれた「お題テーマ」に沿って、
参加者自身が話し手にもなり、聞き手にもなるお話会。

お互いがお互いに呼応しつつ、
各自が取り組んで一歩先に進めるヒントを掴む。
そんな流れが、自然発生する会となりました。

 

 

当日の会場セッティングも、ヤス君の力を借りて、
車で運んで、自宅から色々と運び込み、
近所の花屋さんで作って貰ったバスケットや、
千疋屋のケーキに、ドリップコーヒー&神戸紅茶、
砂糖も西インド諸島産を準備してみたり。

とーっても楽しい時間を過ごせてシアワセー!

 

 

 

 

 

12506579_736412749827871_1686621618_n.jpg
 

 

 


ワークショップ自体は、
エネルギーワークの時間と、
ディスカッション形式のお話会。

今後はそれぞれに特化して、
より濃厚に受け取れるようにアレンジ加えて、
バージョンアップさせて企画を進めようっと!
 

 

終了後は、mamiちゃんを送った後、
ヤス君の実家へ向かい「すいとん」を頂いてきました。
東北の郷土料理との事で、初めてでしたが、
美味しくて身体が温まっての、帰宅となりました。

翌日、ヤス君とお疲れ様ランをしに、
板橋区は大山の洋食レストラン「オオタニ」でしてきました。

メインは「チキンソテー」「チーズハンバーグ」、
写真を撮るのも忘れて、ペロッと食べてしまいました。
お味噌汁もついてくる、昔ながらの洋食屋産さん。
美味しかった〜!

 

 

 

ランチ.jpg




 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨ 

 

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎

 

 

 

 


 

徒然19:身体と心❤️の関係

 

身体の状態は心❤️からのメッセンジャー。

肩が凝り固まる、腰が膝が痛い、
胃腸の調子、頭痛に喉に、脚の具合。
皮膚疾患から、神経系による身体の不自由。

 

これらの「症状の種類」を挙げたらキリが無いですが、
全ては心❤️からのメッセージで皆同じなんです。
『無理して頑張らんでも、そのまんまでええよー!』ってね。



これは、オカルトでも何でもなく、
現役医師が「精神免疫学」の分野にても、
その仕組みを紐解いています。

 

 

 

 

多発性硬化症、
潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患、
慢性疲労症候群、自己免疫疾患、結合組織炎、
偏頭痛、皮膚疾患、子宮内膜症、

その他多くの疾患の治療を受けた人々に、
同じパターンが見られた。

深刻な病気を抱えた私の患者のほとんど全員が、
人生の重要なところでノーと言うことを
学んでいなかった
のである。


心の奥底に抑圧された感情があるという要素は
必ず共通していた


(p12) http://susumu-akashi.com/2013/08/no/ から引用

 

 

 



身体がNO.jpg
 
 (Amazonなどで入手可 → ★★★

 

 

 


私(daisuke)の場合は幼少期からとにかく虚弱。
3歳で肛門の手術、幼稚園児で眼科へ行くも原因不明、

日頃から事あるごとに発熱し
中学3年で100円ハゲ高校受験
になり、
高校生になれば肺の手術をし、
その後、治癒した筈の傷後の謎の痛みに苦しんだり。

 

幼稚園児から大学生までずっと偏頭痛に悩まされ、
大学生の時には懲りずに2度も自殺未遂をし、
大学卒業後は肋骨7−8本の骨折から、
3年前には背骨骨折までする具合。



自殺未遂後からの向精神薬漬けからの離脱時には、
焦燥痙攣・高熱・幻覚幻聴の雨あられ体験。
そして、その時施設の閉鎖病棟でご一緒した方達の中で、
その後3名の方は本当に自殺し他界されていきました。


 

(病気に怪我にと「オンパレード」でございます)

 

 

 

 

でもね、実はね、
それらの出来事の全てはね、

『そっちじゃないよー!』って、
ガードレールの役割で、
色々と問題が勃発してくれていたのでした。

そんな事とは全く知らずに、
本当に色々多々、勃発体験して参りましたよ。


 


    ーーーーーーー

 

理由は何であれ、ソレ(諸問題)とは、
生きてきた背景が何であれ、
自分自身が「独り」だと思い込んでて、
その孤独をナントカ乗り越え埋めようと、
頑張ってきた証でもあるんですよね。


 

決してソレは間違ってもいなかった。
ただ、そう思ってたのと事実・真実は違ってた。
(単に「的外れ」だった)

言い換えると❤️、心のままに在る事を恐れ、
その心のそのままに素直に表現する事を封印し、
溜まって淀んできて曇っていた。

ソレ(諸問題)とは、
その状態の「お知らせ」だったんですね。

 



心の声、本当の気持ちを、我慢して封印していた事からの、
身体がNOと叫んで、症状を起こしていた状態。

そして、それは自分自身の身体のSOS信号に限らず、
パートナーとの、家族との、友人や、職場での、
「人間関係の状態」も、まさに「ソレ」そのもの。
「ソレ」とは、如何に自分自身に素直で在るかどうかの。

 



道が険しければ険しい程に、
意地を張って頑張れば頑張る程に、
素直からは逸れて離れていく。

その軌道からズレていると、色々と四方八方から、
状態悪化な状況として、軌道修正のメッセージが届きます。

 


 

『本当❤️は怒ってるのでしょ?』
『本当❤️は悲しいのでしょ?』
『本当❤️は寂しいのでしょ?』



 

本音とは、それらの本当の気持ち(感情)であって、
相手に罵声や暴言を吐く事では決して無いのですね。

 

 

 

この本音(=感情❤️)を、
思考エゴ暴走のセリフを本音なのだと取り違えると、
相手のせい、出来事や状況のせい、
もしくは、自分のせい、と、誰かのせいにしてしまいます。

 

 

相手を指図してあれこれ奴隷扱いする事ではないし、
パートナー旦那さんや彼氏さんが叶えてくれている事に、
己に感謝の念も湧かないからとて『役立たず』と言い放つ。

 



そういう状況の方は、何をされてもして貰っても、
感謝の念は沸き起こらないですよね、そりゃ。
満たされる訳ありませんよね。
感謝の念も沸き起こりませんよね。
その状態で感謝を述べても、上面の嘘っぱち。

本音❤️を隠したままなんだから。
その怒りを、悲しみを、寂しさを、隠したままなのだから。

本音本心とは、
本当(心❤️)の音(Vibration)、
本当の心❤️(感情)Vibrationの事。
心❤️に丸ごとスッポリ宇宙が入っている。


 

 

 

目の前の相手にスポットライトが向いたら気に食わない。
自分が主役じゃないと気に食わない。
コトあるごとに噛み付く姿。

全ての人自身が本来は主役なのだけれどね。

なのに、目の前の相手が許せず怒鳴り罵声を飛ばす。
目の前の相手をナントカしたいと、
時には救いたいと、「じっと」していられない。

そうやらかしてしまったでも別にOKなんです。
相手は自分自身だと解ってる上での事ならばですが。

解っていれば、その己のイタイ姿を省みた時に、
必ず本音❤️を認めて受け入れて、それを体感出来るから。

 

 

 

 

心❤️のままに、ワクワクを頼りに、ナビに、
やりたい事を辿って具現化していく。
貴方には既にそのビジョンがある筈だ。

そのビジョンとは、思い描く事では無い。

既に完成されたビジョンが降りてくる。
起こそうとするのではない。
インスピレーションで、既に降りてきている、
その完成された図、そのビジョンがある筈だ。


 

 

それは、目標を掲げ、それを達成させようと、
行動するのではありません。

頭で考えて決め提示した目標でなく、
既にビジョンにある、その完成系を、
行動に起こして、具現化させ創造するのです。

 

 

     ーーーーーーー
 

 

 

とある日の私、daisukeの場合:


午後のティータイムのお茶菓子GETで、
ヤス君がすぐ隣のパティスリーへ15:30頃、
お気に入りの「カヌレ」を買いに行ってくれたんですよ。

 

 

 


15:50になっても帰って来ない。
16:00過ぎには彼は仕事に出発する予定。

ヤス君に何か(問題でも)あったのだろうか?と、
自らありもしないそのような問題ごとを作り上げて、
落ち着かず、じっと待っていられず、
ワサワサ❤️しながらも、
とうとう部屋を出て、エレベーターで下に降りる。

 

 

 

そしたら、
1Fに降りてドアが開いた所で、ヤス君と鉢合わせ。
お客さんが多くて並んで待ってて時間が掛かった!とな。

 

なーんの問題も無かったんですよ、最初から。
本当はね。
でも、頭の思考エゴが、あれこれ問題をでっち上げて、
「直ちに対処せよ!」と足掻き始めるんですよね。

 

 

 

ヤス君の様子が気になって様子を見に行く、
そんな「小さな自分」が可愛いなと思いながら、
準備していたロイヤルミルクテscissorsィーをカップに注ぎ、

カヌレと共に「フィナンシェも買ってきてくれた!」ので、
2人で美味しく頂きました。
 

 

 

       ーーーーー

 

 

 

ヤス君の誕生日当日は、彼が内視鏡検査だったので、
翌日に誕生日を祝いました。
41歳でローソクを1本立てました。
彼の子供のような「顔の表情、七変化」を「5連写」!!!  

                
        ⇩⇩⇩

    ろうそく4.jpg

   ろうそく3.jpg

   ろうそく2.jpg   

   ろうそく1.jpg

   ろうそく.jpg

 

 

 

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨ 

 

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

発信コンテンツ内容に、
私daisukeに共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい! confident

こちらから → ◎◎◎



 

徒然18:愛に満ちた世界でした!

 

次回のワークショップが間近となりました!
その時に、その場でしか、体験出来ない
エネルギーや共鳴があります。


不思議な事に、その時の参加者同士が、
同じ課題を持っているので、
お互いにお互いを感化し合います!


循環する無限の宇宙にて、
豊かな自分自身を体現していきたい方から、
現役セラピストやセラピスト志望の方など、
お申し込み未だ未だ受付中、お待ちしてます!

 

来るだけで奇跡がぽんぽん起こるお話会 vol.2
実践参加型のワークショップ
日時:1月11日(月・祝)午後1時〜4時
場所:東京駅八重洲口から徒歩5分

 

   ーーーーーーーーー

 

 

前回のワークショップに参加下さったayaさんが、
体験談とその後の変化をブログにUPして下さいました!
 

 

ayaさんのブログより:

daisukeさんmamiさんお話会に参加しました。

お二人の、スケールの大きな
ハートで包み込むよう
であり、
スパーッと思考おしゃべりを
一刀両断してしまうような
お言葉もすごかった
のですが、

なんといっても、その「在り方」
そこにいるだけの存在感が、すごかった

 

 

 

こんがらがった心がほどけて、
視界がクリアーになるような。

なんとも言えない安心感

他の参加者の方々も、
うわ、こんなに自分を開けるの!?
すごい、輝いてる!って
心を揺さぶられて。




帰り道では、
それまでずーっとファイティングポーズとって、
意地はって、ガッチガチだった私が、

「もう降参だぁ~」とすっかり白旗を上げて、
受け取れるようになってました。

 

 


そこからは、
視界が180度回転したみたいに、
環境・自分の見方が変わって、

一番苦しんでた
経済面でも臨時収入が入ってきたり、
色んなシンクロが
よりキャッチできるようになったり、

やりたいことに挑戦する!という
勇気が湧いてきて、
人間関係や恋愛なども、
喜びがどんどん増えてきて、今に至ります。

 

 



感情ためまくってたし、
いい人仮面歴が長かったから
まだまだ古い思考・行動パターンは健在だけど…


私はこうして、
まるで新しい世界に生まれたのでした!


そこは、喜怒哀楽、
ありとあらゆる感覚を彩りにして
生を味わい尽くす、愛に満ちた世界でした!


(ayaさんのブログはこちら → ★★★

 

 

 

mamidaisuke.jpg

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

ワークショップでは、参加されるお一人お一人が、
話し手となり、お互いがお互いを触発し合って、
場の全体が丸っと変容していきます。

その全体の流れに身を委ねて、
喜怒哀楽のありとあらゆる感覚(感情)を、彩りにして、
感動となって、生を人生を味わいつくす、愛に満ちた世界!

 

 


グループセッション規模での環境ですので、
お話を伺いながらも、ご質問にお答えしながら、
全体で呼応して進められますよ!

自分自身に向き合いながらも、
中々変わらなかった方にも是非オススメです!

 

 

 

来るだけで奇跡がぽんぽん起こるお話会 vol.2
実践参加型のワークショップ
日時:1月11日(月・祝)午後1時〜4時
場所:東京駅八重洲口から徒歩5分
詳細はこちらから → ★★★

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

ヤス君が内視鏡検査を控えていたため、
消化の良いモノと言う事で、
この日は蟹卵の雑炊を作りました!
 

一度ジムのロッカーで目の前でお目に掛かった
格闘家の武藤さんに似ている!と、
ヤス君のお兄さん、カズ君に言われたけれど、




武藤さん.jpeg
武藤敬司
さん

 

 

それは自分の頭がツルツルだからでは???
それにしても、自分のお耳の比率が以外と大きいですね...。


 


武藤.jpg

 

 



最近は地元の名古屋コーチンの卵を愛用。
臭みが全く無く、さっぱりとしてて、
雑炊も美味しく頂きました!

 

 

11日のワークショップの仕込みも準備中!
そのまんまの素直な自分自信に還るこのWSの残席は、
未だ未だございますので、ピンときた方は、
どうぞご参加下さい!


詳細はこちらから → ★★★

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

コンテンツ内容に、
私daisukeの活動を応援するぞ!と、
皆様に共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい!

こちらから → ◎◎◎

 

 

 

 


 

徒然17:謹賀新年 


 

年越し大晦日は夕方から、予約したお寿司を受け取り、
車でパートナーのヤス君の実家へ。

ヤス君のお母さんに頼まれていたお正月用のお花。
前日に近所の花屋さん購入し、ヤス君が届けたそのお花も、
九谷焼の花瓶に活けられ、色彩も見栄えもとてもいい感じ。

 

青森&岩手出身のご両親、
味噌天婦羅や八頭の煮物等の郷土料理、お雑煮と同様に、
煮しめも東北の味を堪能。お汁粉も年越し蕎麦も頂いて、

途中は池袋西武でヤス君が購入してきたホールケーキと、
自分がリクエストしていたピエール・エルメのマカロンも食す。
お腹一杯たらふく頂いて、午前1時半頃の帰宅となりました。

 

皆で囲む食卓は楽しいものです。

 

 

富士山.jpg
(
背景は富士山)

 

 

翌日はヤス君と共に名古屋へ。元日という事もあって、
新幹線車内も空いておりグリーン席につくや早々に、
品川駅ビルで購入した国産牛のハンバーグ弁当を頂いて、
名古屋まで快適に移動出来ました。


到着し駅ビルにあるマリオットホテルにそのままチェックイン。
案内して頂いた44階のお部屋からの眺望に息を飲み、
暫しその景色に見とれてました。

 

 

景色.jpg
 
 (マリオットホテルのお部屋からの眺め)

 

 

まさかヤス君と名古屋に来れると思っていませんでした。
自分の両親と夕方待ち合わせ&初顔合わせの夕食会。
 


それまでの時間は、仮眠を取り休んでいたのですが、
ベッド・リネンが心地よく、シーツの肌触りも気持ちよく、
カモミールティーも効いたのか、短時間ながらぐっすりと。

 

 

ヤスくんマリオット.jpg
 
 (お部屋でヤス君と共にごろーんと)

 

 

あまりの気持ち良さに、待ち合わせに遅れるも無事合流。
別のホテルのへ移動して、予約していたビストロにて、
年始元日コースメニューを。

 

最初からお箸も準備されており、両親も気軽に料理を
楽しんでる様で楽しい時間となりました。自分は滅多に
飲まないアルコール。
乾杯のシャンパンと、皆で赤ワインを1本頂きました。

 



ヤス君と両親との初対面。初対面とは思えないほど、
和やかに時間を過ごす事が出来ました。年末年始で、
厨房の食材が限られている中、メニューに無いデザートを
4人分別オーダー対応も下さって、母も大満足。


開けた赤ワインも口当たりが良く、
さほど飲め無い自分でもグラス一杯を頂きました。

 

 

夜景.jpg
 
 (素晴らしい夜景でした)

 



21時過ぎにレストランを出て、タクシーに乗せて見送り。
ホテルの部屋へ戻ると、其処はまた別世界が。
夜会が広がっていて、ほろ酔い気分で暫し見とれていました。

 

紅茶をいれてベッドに横になっていたら、移動の疲れか、
アルコール分解からのダルさなのか、すっかり眠くなり、
そのまま朝まで寝てしまいました。

 

 

朝日.jpg
 
 (朝日を拝むとは夢にも思わず)

 

 

そして、目が覚めて窓を見ると、日の出の太陽さんが!
ヤス君を起こして「太陽が!太陽が!」とまるで子供のように。
そして、シャッターチャンスとばかりにでパシャパシャっと!

 

その後はバブルバスに浸かってさっぱりしてから、
52階のラウンジで朝食を頂きました。
タイミングよく、絶景が見える窓際席を案内下さいました!
お陰様で、ゆっくりと食べて、楽しむ事が出来ました。

 

 


朝食後は、あまりの心地よさに、もう一眠り。
スーツケースもベルボーイに来てもらい宅急便で送る手配。
久しぶりのホテルステイでしたが、本当に満足な滞在となりました。

 

昼前にチェックアウトをして、名古屋駅前のビッグカメラへ。
前日の夕食の席で母が魔法瓶が壊れて、と話していたので、
新しいステンレスの魔法瓶をゲット。

その後は初売り人混みに覚悟を決めて、
高島屋デパ地下へ移動して、花びら餅をゲット。
そして、越後屋のお煎餅をゲット!

駅周辺の初売り人混みから逃れるように、実家へ移動。

 

 

実家.jpg
 
 (10代を過ごした実家)

 

お節とお雑煮のお昼ご飯と、デザート和菓子を済ませた事に、
屋根裏部屋からストーブを降ろして欲しいとリクエスト。

点火テストをする際に、単一乾電池が無かったので、近所の
コンビニへヤス君と一緒に買いに出た時、
点火テストする事自体が「物凄い嫌悪感があった」を告げた所、

そのまま名古屋駅のビッグカメラで新しいのを調達してくる事に。
母に電話入れるも繋がらず。そのまま出発!
 

 

 

2016.jpg

 



ビッグカメラは品揃えが少なく、ヤマダ電気に問い合わせた所、
お目当のタイプがあるとの事で、そちらへ移動を。


その移動途中に、両親からの着信記録に気付いて折り返したら、
「お金を使わない生活を」「受け取りたくない」と一点張り。
昔からお土産を買って帰るだけで文句を言われるばかり。

 


一気にモヤモヤーって心❤️がざわつき、
またかと些か興ざめしつつも、ヤス君が電話を変わってくれて、

点火装置さえ壊れていて使っていない壊れた器具を、
そのまま使うのでなく、安全に暖まって欲しい子からの気持ち。
助っ人ヤス君が話してくれて、無事購入し、タクシーで帰宅。

 

  ーーーーーーーーーーー

 

東京へ戻る21時の新幹線に間に合うように、
着火点火テストだけ見届けて、ひとまず完了。

母が手早く作った味噌煮込みうどんを食べて、
実家を後にしました。

別れ際に玄関でバイバーイまたねー!と手を振った時、
父がニコニコと玄関先まで出てきて見送ってくれました。
母も門先まで見送ってくれた実家滞在となりました。

 

2日の帰省ラッシュもギリギリ席が確保出来て、
手荷物が少なく、楽チンして戻ってこれていい感じ。


ただ、新幹線の予約席確保が遅れて喫煙車両となったので、
次回からは早めに席を確保しておこう。
午前零時の帰宅となりました。

 


お花.jpg



 

写真の花はお正月用に千両を添えて。
切子の花瓶はヤス君のお母さんからの頂きもの。
早速使って活けてみました。

3日の夕方からは、再びヤス君のご実家へ。
トビッキリの鶏の唐揚げを大量に準備下さり、
自分はサラダを盛ったり、得意分野のお茶を淹れて。

 

 

4日はヤス君の内視鏡検査の後には、午後から
実家のお兄さんとお母さんとがいらっしゃり、
これまた夕方まで、お茶してあれこれと。

5日の今日、ようやくお家ご飯も再開出来て、
普段な生活が再スタート!

沢山美味しく食べてばかりな、家族団らん満載な、
年末年始のお正月でした!

 


 

夕飯.jpg

 

 


5日の今日は検査後で消化の良い卵雑炊を作って、
これまたお母さんから頂いた香蘭社の器に盛って。
冷凍ハンバーグにソースだけ作って、簡単サラダで。

 

新しい年が始まりました。
ヤス君と共に目一杯、日常日々を目の前を楽しむぞ〜!
引き続き、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由に!✨

 
 
 
 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

コンテンツ内容に、
私daisukeの活動を応援するぞ!と、
皆様に共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい!

こちらから → ◎◎◎

 

 

 

 shineイベント情報shine
 

来るだけで奇跡がぽんぽん起こるお話会 vol.2

実践参加型のワークショップ
 

日時:1月11日(月・祝)午後1時〜4時

場所:東京駅八重洲口から徒歩5分
 

詳細はこちらから → ★★★

 

 

 

 

 

 


 

徒然16:セッションルーム

 


今年の秋にサロンを移転してから、
少しづつ整えてきたセッションルーム。
 


(移転場所の詳細はお申込み頂いた際に
 直接お知らせさせて頂いております)

 

 


IMG_1405 (1).jpg

 


 

 

実際に使用してみて、ソファの配置なども、
2度3度と、色々試しながら変えて調整してきました。

 


照明も、ダウンライトや、磨りガラスシェードの
シャンデリアやフロアスタンドで、
ほんわかと柔らかい光で包まれるお部屋となって、
機能的にも、心地よさも、ようやく落ち着きました。

 

 

 

お部屋.jpg

 

 

 

お抹茶に和菓子、ダージリン各種に洋菓子、または
中国・台湾茶やカプチーノなど、お好みの組み合わせで、
味覚も楽しんで頂いてます。
 

年明けには、近所でパティスリーもopen予定で、
個人的にもとても楽しみです!

 

 

 

お客ソファ.jpg

 

 

 

お花で彩りを添えて、キャンドルを灯して、
凛としたロシア産シダーオイルで床を仕上げて、
自然の色と香り光の空間をご準備致します。

 


お席のソファから見えるバルコニーの眺望も、
遠くは山を眺める事も出き、
快適にお過ごし頂けるようになりました。

 


何よりも自分自身が過ごしやすい空間となって、
満足な、心地よいお部屋となりました!
 

 

 

ホワイトボード.jpg


 

 

大判のホワイトボードを設置して、
現実体験の仕組みと、心❤️感情との関連を、
皆様のケースごとに置き換えてお伝えしています。

 

諸問題は問題ではなかった、そのカラクリを、
解体してネタばらしを致します。

 

自分自身にとっての心地よさを、
心❤️に素直に、そのまま選択していくだけで、
日々の生活が、豊かに豊かに、満ちていく。

 

 

ゆりちゃん.jpg

 

 

 

実際には、豊かになるのでなく、最初から豊かであったのに、
頭の思考ノイズで、掻き消していたが為に、
気付いていなかっただけなのです。

 

全てが楽しく、愛に溢れる世界であった事を、思い出し、
それを体験する事でしょう。

 

 

✨シェア・貼り付けは、ご自由にどうぞ!✨

 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 

heart01 ご支援・ご奉納 heart01

コンテンツ内容に、
私daisukeの活動を応援するぞ!と、
皆様に共感頂けましたら、
是非、ご支援・ご奉納下さい!

こちらから → ◎◎◎

 

 

 shine年始イベントshine
 

来るだけで奇跡がぽんぽん起こるお話会 vol.2

実践参加型のワークショップ
 

日時:1月11日(月・祝)午後1時〜4時

場所:東京駅八重洲口から徒歩5分
 

詳細はこちらから → ★★★

 

 

 

 

 

 

« PREV 1  2  3

PAGE TOP