ホーム > 悟りの扉 > 気付き NO.11~15 > NO.11 どんな感じ2
悟りの扉

NO.11 どんな感じ2


真実とは逆説パラドックス!

 


つまり「問題視している自分自身の事を問題視しない!」に繋がり、
『そんな凸凹な自分を受入れて自愛』をしていると、
その問題視していた状況が受入られるようになり、
それに伴うあらゆる感情体験をも受入れる事が出来るようになります。

この宇宙は、ハート感情プログラムの投影ですから、
そうしていると、問題視として顕現していた事象が「お役目終了」となり、問題にならなくなります。


つまり、その問題視していた問題が、問題でなくなります。

 

 

 


全ては、そのエゴの思考暴走体験ゲームですら、貴方自身で遊んでいただけだもの。

 

 

 

つまり、その思考エゴ自我の暴走、
『善悪の因果応報でグルグル輪廻の2元性マトリックス幻想世界の放蕩息子ゲーム』も、
自ら望んで参加してどっぷり嵌まっていただけなのですから。


 


だからこそ、その放蕩息子思考暴走ゲームに飽きてきた貴方自身に対して、
それまでの旧式ゲームで遊んでいたやり方、つまり次から次へと問題視する事自体を、
「それでよかったのだ!」と、受入れてしまうのです。
それらは神の計画の顕われアート作品だったのですから。



旧式ゲームからの移行時期は、誰でも最初は戸惑うものです。
何事も単なる慣れですから...。だから『これでいいのだ!』


 

 



貴方自身が、この宇宙遊園地に飛び込ませた「張本人」、宇宙遊園地の創造主なのですから。



 

 



その大元の神目線で、観て遊ぶのがポイント。
全てが自作自演のセルフプロデュースだったのだもの。

つまり、貴方はこの宇宙遊園地の創造主で主人公。
全てを丸っと包み込んで受入れる、それがハートの神の「愛」。

愛の祝福に満たされた、悲しみや苦しみのドッキリ劇場だったのですから。
ただただ、寄り添って、いつでもどこでも、どんだけ凸凹だと認識していたとしても、

『これでいいんだよ!それでいいんだよ!』



 

 


受入れる事が出来ると、執着していた事に対して「パッと手を放す事が出来る」ので、
ハートの「今」に、つまり、変容し続ける永久の「今」に在り続ける事が出来る。


まぁ、小難しい事はメンドウな理屈は、横に置いておこう。
自分にも相手にも『うんうん!うんうん!そうだね!』とただ寄り添うだけでいい。

 



ハートが投影する現実宇宙。




その映し出された現実世界を「うんうん」とこれでいいのだ!と全てを受入れる事で、
変容し続けられるその「道」に沿って遊ぶ新しい遊びを始める事が出来る。

その現実世界とは、神であり、また、自分自身なのだから....。

 

 

だからこそ

『うんうん、そうだねぇ!=これでいいのだ!』

So what?  だから何?『うんうん、それでこれでいいんだよ!』
一休さんじゃないけれど『細かい事は、気にしな〜い、気にしない!』



 

今のその貴方自身をそのまま、ありのまま、あるがままに受入れるのです!
エゴに思考に感情振り回されて暴言吐いていたとしても、思い悩んで凹んでても、
ブリプリ怒ってても、孤独に張り裂けそうだったとしても、自愛出来てなかったとしても、
全部それでいいんだよ!




 

全ては、その苦しみでさえ、計画通りに事が運んでいるのだから!



 

今、ガラスの仮面を被って鉄兜に甲冑の鎧を纏って『嘘笑顔で頑張って』いても、
それでいいんだよ。これでいいんだよ。





全部その「趣味」で台本書いて演じて遊んでいただけだもの。

 


今のその貴方自身を「これでいいのだ!」と愛する自愛する事。
例え自愛出来てなかったとしても、その今の貴方自身を愛する事。

全ては、神の計画、人生劇場の台本に正確に完全完璧に沿って展開してるのだから!

 

 

 

 

全てに「うんうん。悲しいねぇ、ムカつくねぇ、嬉しいねぇ、そうだねぇ!」って、
それでいいのだ、これでいいのだ。  

もし、今、何かを悩んでいたとしても、落ち込んでたとしても、何かを探していたとしても、
その今をそのまま、何もかもを、ただ受入れるだけで大丈夫!

 



受入れられないでいたのなら、その受入れられない自分をまず受入れるのさ。
今の自分を受入れ愛するのさ!

恐れに怯えているその「今」の自分を受入れる、愛する。
そこから始まる。






貴方の立ち位置が、今ドコであろうと、これでいいんだよ、それでいいんだよ。
貴方はいつでも、今ここに居る在るのだからbe here now、それはいつでも丸っと全部OKなのさ。
人生とは単に双六ゲームの駒の進め具合と同じなのだから。
スピード競争なんかじゃないのだから。

 

 

 


 

大丈夫さ! それでいいんだよ!これでいいんだよ!shine

 


 

 


悩んでても、落ち込んで凹んでても、何かに抵抗して頑張ってたとしても、今のその貴方のままでいいんだよ! happy01

 

 

 

 

 

 

                                Tchaikovsky: Piano Concerto No.1 - Evgeny Kissin - Seiji Ozawa 1995
                                               

 

 

 

 

 

 

今ここハートヒーリング癒しサロン - どんな感じ♡?を感じたその全てを包み込む愛で自ら癒し悦び踊る 「MINSTREL」

PAGE TOP