ホーム > アナスタシア

アナスタシア

アナスタシア・ジャパン(リンク)


「アナスタシア・ジャパン」
http://www.anastasiajapan.com/


叡智を伝える「アナスタシア」シリーズは、
ご存知の方も沢山いらっしゃる事でしょう。

アナスタシアの本に出てくるのはタイガの森。
そのシベリア杉から抽出するオイルを、
サロンでも使用させて頂いてます。

そのパッと明るくなる自然の美しさと、
力強さ、心地よさを、清々しさを感じます。

 

ご縁とはいつもどこでも全てが偶然で必然。
私の曾祖父藍川清成の次女が嫁いだ先、
文学作家・芹沢光治良が描いた「神シリーズ」
天の調べ」が、ご縁を繋いで下さいました。


芹沢光治良の元へ3度通っていらっしゃった、
アナスタシアジャパン現代表岩砂晶子さんの
お母様(元代表)の直子さんがFacebook上で、
見つけてお声掛け下さった事からの繋がり。

その後セッションをお受け下さった経緯から、
諸々が今に至ります。

2014年代表の岩砂晶子さんと共にロシア訪問。
モスクワ経由北コーカサスのゲレンジークへ、
遺跡 "ドルメン(dolmen)"を訪問してきました。



モスクワでは車でユネスコ遺産スーズダリへ。
2003年一緒に公演した友人ピアニストと合流。
Alexei・Petrovの運転&案内で実現しました。
(2013年10月)


Gelendzhik:ゲレンジークではドルメンを訪問
 япония-1 019.JPGのサムネール画像  

CIMG0987.JPGのサムネール画像

 
CIMG0993.JPGのサムネール画像 

CIMG0956.JPGのサムネール画像

 

 

お母様の岩砂直子さんが描かれた、
「不死鳥フェニックス」が、
アナスタシア・ジャパンのオフィスに、
掲げられています。

「私達自身の本質」「不死」です。




全体性HOLOSであり、HOLY、WHOLE、
HEAL、HEALTHであり、
ONEで、ONE LOVE、ONENESSです。

それは1つなる創造主である私 I am that 、
そしてGod is. 

神我合一・吾神也としてのBe your self、
そしてBe as ONE.

本当の自分自身を生き演じるを、
皆同じ事を伝えています。
皆それぞれ違う側面から表現している。
真理は真実は1つ。

 

 

(※注)
ここで言う"ONE"とは、
「 全体主義・共産主義」ではありません!
「共産全体主義の結束して1つになろう!」
ではなく、全体の為の自己犠牲でもなく、

『既に1つの宇宙世界に生きている』
が大事なポイントです。

 

感謝するでなく、
感謝とは
自然と湧き上がってくる現象です。
ありえない展開で有難いお導き、
其の体験に心❤️が震えるのが感動で感謝。

今に生きるとは、
今この瞬間の「自然な調和の世界」において、
生命活動を、つまり自分自身を全うする事。

 



決して、
今が良ければ、
今さえ良ければ、
自分だけが良ければ、
うちの家族だけが良ければ、
我が一族だけが良ければ、
うちの市町村だけが良ければ、
うちの都道府県だけがよければ、
うちの国だけが良ければ!
ではありません。




全てはバランス、調和の世界です。
命あっての豊かさです。
本当の豊かさとは何か?




現実世界とは「私自身」の裏返し、反転。
己の心❤️に宇宙が、現実世界が、
丸ごとポッカリと入っている。

心❤️の中の闇を「見て見ぬフリせず」に、
認め受け入れデトックス。

心❤️の投影・反転である現実世界の闇を、
見て見ぬフリせず『己自身=家族=皆』が、
心地良い世界を選択し実際に創造する事。

つまりは宇宙生命に仕える事の大事さ。
命に仕える事が仕事。
 

 

 

Suzdal:
CIMG1264.JPGのサムネール画像 CIMG1298.JPGのサムネール画像
 CIMG1270.JPGのサムネール画像 CIMG1276.JPGのサムネール画像

 

 

 

Moscow: Kremlin and Red Square:

何と渋滞に巻き込まれて帰国便に見事に乗り遅れ
その晩はAlexei宅にお泊まり。
alexei's place.jpegのサムネール画像


そのお陰?で翌日観光する事が出来る事になったのは、
赤の広場(クレムリン)は彼の自宅から徒歩圏内。

マカロン聖堂と呼んだ聖ワシリィ聖堂とご対面出来、
晶ちゃんのささやかな願い(モスクワ観光)が叶ったのでした!
(市内観光を変更して前日はSuzdal迄の遠出をしていた)

CIMG1323.JPGのサムネール画像 CIMG1329.JPGのサムネール画像

CIMG1345.JPGのサムネール画像 CIMG1344.JPGのサムネール画像
 


下2枚はワシリィ聖堂内部から広場全体を撮影。
右下4枚目の写真の空にはUFOちゃんが映り込んでますね。
出国時は、今度こそ帰国便に乗るぞ!と空港に早めに乗り込んで、
カフェで搭乗時間を待っていた時に、意識存在からのコンタクト
それは「じわ〜ん」って、温泉みたいに癒して頂けた体験でした。

さらにミラクルは続き、チケット払い戻し手続きを旅行代理店の
担当者と帰国後は連絡を取り続けておったのですが、
何と『来月で退社します、翻訳家として独り立ちを...』とメールが。
ピピピ!っと自分のアンテナが反応したので、すぐ晶ちゃんに連絡。

その時の担当者(にしやま やすよ)さんが選考の末、
アナスタシア第4巻から翻訳される運びとなりました。
「にしやま」さんの気品あるお人柄にもう大ファンです。

飛行機乗り過ごし事件も、実は、創造主の計らい。
ナントも、不思議な展開でした。

思考自我では全てはミラクルで奇跡で不思議ワンダーランド。
でも、全部必然で『予定通りで』完全完璧なんですよね。
私達は、そのまんま、ありのまま、あるがままに、
ハートを通じて受信するその世界観を、素直に体験するだけ。

 

 

 

                         リンクサイトTOP

 

PAGE TOP