ホーム > 新着情報 > イベント情報 > 新月の瞑想会
新着情報イベント情報

新月の瞑想会

 

 

新月の瞑想会は「調和」がキーワード。
『呼吸の瞑想』『ハートの瞑想』の
2種類の瞑想を体験して頂けます。


 

「呼吸の瞑想」⇨「ハートの瞑想」へ、
2段階のステップアップ形式となります。




片方をご選択頂いても、両方通しでご参加
下さっても、どちらでも大丈夫ですので、
どうぞお気軽にご参加下さいshine

 

 

◎ 2017年4月26日(水)

東京・練馬
サロン MINSTREL にて

 

(A)「呼吸の瞑想」15:00〜16:30 
◎定員4名

(B)「ハートの瞑想」17:00〜18:30 
◎定員4名
 

 

通し割引:(A)(B)通しでご参加の場合には
割引がございます。
 

 

お申込フォーム ⇨ こちら
 



 



セドナ1.jpg
Sedona Arizona USA 2012 photo by daisuke

 


 

宇宙のリズムと調和する、
現実世界と調和する、
その元である自分自身と調和する。
 

何故ならば、人間関係も、豊かさも、
ご自身で問題にしている事の全てが、
不調和から来るものだからです。




 

無論その「調和・不調和」のどちらが、
「良い・悪い」では決してありません。

しかし、同じ問題が繰り返されるなら、
それは調和して楽になりたいという、
貴方の本質からのサインかもしれません。





調和し始めると「シンクロニシティ」が
頻繁に起こるようになります。

またご自身が受け取るインスピレーション
の精度も上がり、豊かさも増します。

調和すればする程に、ご自身で自力で、
調和する事が出来るようになります。



 


調和した状態への「軌道修正」として、
この新月の瞑想会を、是非ご活用下さいshine

 

 

 

⇩早朝「日の出の瞑想」後にカテドラルロックにて⇩
カテドラル朝日.jpg 
Sedona Arizona USA 2012 photo by daisuke
 

 



 

新月の瞑想会の流れ

 

 

(A)「呼吸の瞑想」
テーマ:思考を認識する


◎呼吸の瞑想「導入」:

先ず、ハートエナジーでフラットな状態に
して準備を整えてから「人差し指」に焦点を
当てた状態での、瞑想を体験して頂きます。

阿字観のように、意識して焦点を1つに
留める事で、思考が鎮まり落ち着きます。




意識して人差し指に焦点をしっかりと、
「当て続けて」頂きます。

その状態で『考え事』つまりは、
思考活動をするのが難しい事を体験します。




言い換えれば、焦点を一点に集中させ、
強制的に思考活動を抑え込んだ状態です。

一点集中を止めれば、元に戻りますが、
ここでは「思考を知覚・認識する」のが、
テーマなので問題ありません。

 

 


カテドラル.jpg
Sedona Arizona USA 2012 photo by daisuke
 

 

 


◎呼吸の瞑想「実践」:

目を閉じた状態で、呼吸の瞑想を体験して
頂きます。⇨ 誘導瞑想




身体は自然に心臓の脈を打ち、そしてまた、
呼吸も「吸って吐いて」を自然に行います。

この「自然のリズム」言い換えれば、
「宇宙のリズム」をそのまま体感頂きます。

海岸の波の満ち引きのような「呼吸」と、
ご自身とを同化させます。

 


 

この時は、目を閉じて視覚の焦点が定まらず
一点集中していないので、思考がグルグルと
考え事を始め、雑念が起こるかもしれません。

しかし、この呼吸の瞑想のテーマは「思考を
知覚・認識する」ですので、全く構いません。


 

 

ひたすら、目を閉じたまま、呼吸を観察し、
空気が出入りする感覚、身体の動きの感覚を、
自然にそのまま、体験していて下さい。

目を閉じているので、何か映像が浮かんだり、
思考雑念が湧いても、敢えて鎮めようとせず、
そのまま体験するのが、呼吸瞑想のコツです。

 

 

 

⇩空の右下に白光りした飛行船が写り込んでいます⇩
飛行機.jpg
Sedona Arizona USA 2012 photo by daisuke

 

 

 

 

(B)ハートの瞑想
テーマ:「全ての感覚を大事にする」



ハートエナジーに浸りながら、ハートの
感覚に特化した瞑想を体験して頂きます。
⇨ 誘導瞑想

その感覚とは本来の自分自身、本質からの
感覚です。この感覚感度を上げていく事が、
その感覚に沿って進む事が調和への鍵です。

 

 

自分自身に還る・自分自身と調和する為の
強力な助っ人ツール「ハートエナジー」
についての詳細 ⇨ こちら


 

 

◎導入:

目を閉じたまま、出来るだけ細く長く
声を出しながら、息を吐きます。

そして、段々と息が小さく細くなり、声が
消えた後も、「そのまま」余韻に浸ります。
その「消えた後」が導入でのポイントです。

 

 

この世に産まれた現象化された限りは、
全ては何れ朽ちます。それは産まれる
前に戻るとも言えます。

導入では、『現象化=現実世界に起こる
前の私達の世界の本質』に焦点を当てます。



 

この事で、私達自身が「私自身で在る」
つまり「私自身を全うする」事に繋がり、
それが「調和」そのものであるからです。

宇宙の全ては「波動」です。消えゆく声、
「振動・波動」の消えゆく先を意識する。

その先がインスピレーションの元であり、
自分自身が生まれ出ずる本質と繋がります。





この導入部分だけでも、体験し得なかった
新しい自分自身を発見するかもしれません。

 

 

 

ベルロック.jpg
Sedona Arizona USA 2012 photo by daisuke

 

 

 

◎実践:

楽な姿勢で、ハートエナジーに浸りながら
目を閉じて瞑想に入ります。⇨誘導瞑想
 

 

「ハートエナジー」に浸ると「トランス
状態・変性意識状態」と呼ばれる、意識は
しっかりしており、寝てはいないが、身体
は休んでいるような感覚にもなります。
 

この時、脳波で言えば、α波からθ波の状態
で、深くリラックスしている状態です。
 

この「トランス・変性意識」の状態で在る
と、インスピレーション等のメッセージが
自分自身の本質から受け取り易くなります。
 

 


仮に瞑想中に寝てしまっても大丈夫です。
その方にとってのその時には、身体的休息
が最善
であったからです。

ポイントは起こる体験に対して、素直で
に体験していくその『姿勢』です。
 

 



深くリラックスした思考が静まった状態で
あると、ノイズが減って感覚器官の回路が
回復し感度も上がり繊細になっていきます。
 

瞑想中に、ビジョンやメッセージが降りて
きたり、過去世や他生での記憶等が齎され
る事があるかもしれません。


若しくは、終わってみて、何も無かったと、
考えるかもしれません。(寝た場合等)
 




しかしながら、どのようなパターンであれ、
全てがその時に「必要な体験メッセージ」
として、経験した事には変わりありません。

どのような内容であれ、そのギフトを1つ
1つ大切に受け取っていく姿勢が大事です。

 


 

ベル62.jpg 
"Bell Rock" Sedona Arizona USA 2012
photo by daisuke

 

 


◎共有・分かち合い

最後にシェアリングタイムを設けますので、
体験した事を共有してみましょう。

深い眠りからの目覚めのようなスッキリ感
があるかもしれませんし、多元的ビジョン
やメッセージが聞こえていたかもしれません。
 

 

このシェア共有の目的は、色々な可能性が
ある事を知る機会です。

実に様々な「経路」で導きのメッセージが
届けられていますが、常識の枠で抑え込んで
しまうと、チャンスが激減してしまいます。


 

枠に捉われずに、無限の可能性を持って、
「調和」へと繋げて下さいsign03


 

    ーーーーーーーーー


 

皆様のご参加をお待ちしておりますshine
お申込フォーム ⇨ こちら

 

 

2017年4月26日(水)
東京・練馬 MINSTREL にて

 

(A) 15:00〜16:30 
「呼吸の瞑想」
◎定員4名
◎参加費10,000円

 

(B) 17:00〜18:30 
「ハート
の瞑想」
◎定員4名
◎参加費15,000円

 

特別割引:(A)(B)通しでご参加の場合
◎参加費22,000円

 


 


⇩Bell Rock・中腹からの眺め⇩
ベルロックから.jpg
Sedona Arizona USA 2012 photo by daisuke

 

 

 

イベント情報のページに戻る ⇨ こちら

PAGE TOP