ホーム > 「身体の声はハート♡の声」

「身体の声はハート♡の声」

身体のNO!は、ハート♡からの導きギフト。

 

    A7________shutterstock_26515612.jpgのサムネール画像のサムネール画像      


 


 身体が「NO」(状態や症状)と云う時は、ハートからの大事な導きのシグ
ナルでお知らせ。それはハートの神性から来る「完全性の本当の自分自身」
に戻る為。自分らしく活き活きと生きるには『そっちじゃないよ!』と軌道
修正ナビをしてくれていたです。つまりその病気は病気では無かったのです。

 その問題だと判断していた「
事象・出来事」とは「愛の導き・宝の地図」
たのです。心に本音に、何重にも蓋をしてきた鎧を脱いで大丈夫だよ!

構えなくても「そのままの自分自身でいいんだよ!本音でいいんだよ!」と、

導いてくれています。
 

 

 



 貴方がそのハートの声(感情)」を、頭ごなしに「そんな事はない」
とか、「いや常識はね・社会はね」と、その「ハートの声」を感情を押さ
え込み、蓋をしてきたから身体が代弁者となり、怪我や
症状・波乱な出来事
を引き起こす事で「そうじゃないよ!」とSOSを発信し知らせているのです。

 

 ハートの奥底に置き去りにしてきた、その「感情体験」こそが、本当の
自分へ回帰する為の「鍵」なのです。それに気付かせようと、あの手この手
で導いていたのです。「問題の全てが愛の顕われ」で有り難い導きギフト。
(予測不可能・有り得ない 
bearing 出来事 → 有り難し wobbly → 有り難い confident → 有難う lovely shine 

 

 身体の状態だけに限りません。物事の歯車が噛み合ない場合は、全て軌道
修正の為の愛の導き。つまり、タイミングも内容も全てが完全完璧に起こっ
ていたのです。つまり、その問題は問題では無く、その病気は病気では無く、
その障害は障害では無く、全てが愛の顕現による体験ギフト、愛
そのもの。

 

 

 

 

 

 

 ギフトを受け取る(=現実に起こった事をそのまま体験する)だけでよか
ったのです。しかし
そのギフトを問題だと掲げ、頑張って努力して問題解決
をし対処しても、何故かまた同じような事が繰り返し起こってしまっている。


 その原因結果つまり因果応報が延々と繰り返される「輪廻」は思考の世界
の法則であり、その世界観は虚像。
本来のありのままの自分自身で、現実に
起こる出来事をあるがままに、
そのままに体験するだけでよかったのです。

 その思考の
色眼鏡で見て、そのレンズの色で解釈し良い悪いと判断して、
色に
色を上塗りしている事に気付けない状態。それが、これまでの世界観。
その色眼鏡を外す導きとして、身体からNO!とお知らせしていたのです。


 

 

                                        

                                    1/7

    A7________shutterstock_26515612.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 


 思考によって繰り返される出来事の輪廻の罠に捕らわれたままでは、収拾
がつかないのに
対処し解決しようと、「思考」して頑張ってきていたのです。
対処すればする程、あの手この手で繰り返され、その度にエスカレートする。
それは、そっちじゃないよ!との導きお知らせで、身体のNO!の症状と同じ。

 

 その思考の色眼鏡による仕掛けに捕らわれたまま見当違い・お門違いの

判断を下していたそれら全てが「的外れ」だったのです。だからこそこれ迄
は何をしても、心が
ハートが満たされ無かった、平安では無かったのです。
心はハートは感情が震える、情を感じる感動の体験を求めていたのです。

 

 その思考の色眼鏡解釈による行動とは感情に蓋をする行為。その蓋を剥が
そうと繰り返し問題となる出来事が引き起こされるグルグル輪廻はおしまい。

全てを受け取り、体験し、感じていくのです。闇だと拒否してきたその体験
を全部丸ごと受入れるのです。感覚は愛の顕れ『感覚の世界へようこそshine

 

 

 

 

 

 

 全てを受け取り体感すると言う事は、成り行きの全てを「お任せ」して、
現実に起こった出来事を、あるがままに、無防備にそのままに体験する事

何故なら、それらは全て「体験する為」に貴方に用意されたのですから。


 この幻想(虚)現実宇宙では、貴方は与えたモノを受け取ります。では
実際にどうするか?貴方の自由意志により、
無防備を選択し世界に与える
のです。コントロールする事を止めハンドルを明け渡して委ねるのです。
その神の生命の営みの流れに預け溶け入る事を、「預流」とも言います。

 それは人生の手放し運転!実際に手放そうとした時に沸き起こる、その
「居たたまれない感情の感覚」をまず受け入れ、体感する。
どうなっても
いいや!と手放す時の、その沸き出す吹き出すモヤモヤ感・怖れや孤独や
悲しみを受入れる。真実はパラドックス、受入れ体験すれば開放出来ます。

 

 

 

 

 


 ちゃんとその感情の温泉に浸かってふぅ〜っと感じ入り受入れていれば、
成り行きを委ねていれば、勝手に抜けて開放されています。『気持ち良い!』
『気持ち悪い!』のその感覚を体感するだけ。極めてシンプルです。

   

 『それは何故?どうなるの?どうするの?』等と、思考お喋りノイズは
お休みさせて。あれこれ思案・考えている間は、その感覚を感じていません。
今ここで貴方が何を感じているか?その感覚を体験するのみ。

 

 コントロール制御を手放し「無防備」を世界に与えると、それに呼応して
還ってくる起こる出来事とは、その無防備と完全完璧に調和した内容の現実
体験がフィードパックされ、それを経験する事となります。敵に備えて鎧を
纏うのでなく、仮面を被り鎧を纏うから、敵が顕われるのです。

 

 

 

 

                              2/7

 

        A7________shutterstock_26515612.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 内容が何であれ、全てを受け入れ受け取り体験するだけ。それが、全てが
愛の、神の、天国・涅槃・浄土の世界。内側のハートから沸き起こる感情の
感覚をそのまま体感する。外側の現実世界に起こった出来事をそのまま体感
する。ただそれだけ良かったのです。手放し運転の何と楽チンだった事か!

 予測もしない、それも止める。どのみち、思考自我では一切解りっこない
のだから。予測不可能だから、有り得ない、有り難い、有難うございます!
の体験となるのです。その感謝は見返りを求めて先にする事ではありません。
受け取る事で、どんどん身軽になり、自然に感謝の念が沸き起こるものです。

 

 「有難うございます」は、自然の生命の営みの流れに組み込まれる事への
宣言のようなもの。ただただ体験を受け取り流す。その大きな大きな宇宙の
生命の流れに身を任せ委ね溶け入る。単なる感謝だけの言葉ではありません。

 

 

 

 

 

 肩凝りでガチガチならば、解していく過程で、抑圧し溜め込んでいた感情
が浮上し沸き起こってきます。そしたら、そのまま感じて体感する。まずは
その詰まっていた感情を知覚しないと、認めてハグしてあげないと、開放
のしようが在りません。

 

 肩凝りも、鬱やナンチャラ障害も、癌も、事故も、経済的状態も、問題視
してきた事象の「根源」は同じ。全てが愛の導きのお知らせ、愛そのもの。

その凝りも、痛みも、全て愛の顕現で、愛しかない世界。全て愛で満ちて
おり、貴方自身が、既にその愛の世界に生きていた事を知るでしょう。

 

 インスピレーション・直感を受信し、それを素直にアウトプット表現する。

神の全体の宇宙(大きな私)が「枝分かれ」した個々の存在(貴方や私)が、
その個性を導かれ直感的に表現する事。それはオーケストラの演奏のように、
全ての個別の歯車が完全完璧に噛み合い調和して、生命の営みが表現される。

 

 

 

 

 

 

 そして、それは既にそう成っている、起きている。その完全性を受入れる
だけでいい。受入れて体験するだけでいい。受入れ手放す。それは、つまり、
体験が己を通り過ぎるだけ。貴方の本体とはその世界(宇宙)を創造した神。
流れを塞き止めず、また執着し掴む事で捕らわれず、流しっ放しにするだけ。

 

 この事を知った貴方は「怖れ恐怖」と判断してきた感情体験を、受け入れ
絶叫体験を楽しむ事が出来る。何故なら、体験とは遊園地のアトラクション。
ジェットコースターやお化け屋敷!この宇宙の仕組みを知ったのなら、後は
実際に『吃驚仰天な有り得ない展開を、そのまま体験するだけ』でOKです!

 

 貴方はその神の顕れであるこの幻想宇宙の一部で、全てで、宇宙そのもの

その完全完璧な「全体性の宇宙」そのもの、神そのもの。沸き起こる感情も、
それに付随する衝動や欲求も、全て直感インスピレーションを受信したなら、
ありのままの姿で、現実幻想世界のキャンバスにそのまま素直に表現する。

 

 

 

 

                              3/7

    A7________shutterstock_26515612.jpgのサムネール画像のサムネール画像      

 

 

 
 

 

 責任やストレスから開放されて自分らしく在る為には、感情体験を素直に

全部受入れ体験する事がポイントです。その感情を感じる感覚こそ貴方自身
の個性の表現で顕われセンスであり、つまり、肉体に意識を宿し、今ここで
そのハート
の感覚をもって「人間遊び」体験出来る「悦び」なのです。

 

 そもそも己に嘘をつかず、その感覚に素直に、本音で生きてさえすれば、
ストレスとは無縁です。そのストレス解消として対処する事はトラップで罠。
その行為とは完全に「
的外れ」で「お門違い」だったのです。

 

 感情体験のプログラム台本が「貴方の人生映画を投影・上映」しています。
それは遊園地で様々なアトラクションで遊んでいるようなもの。宇宙映画館
や遊園地の外へ出てみると、その虚像の「無・ゼロ」、そしてそれを齎した
「神」
の正体が視えます。感情を伴う体験とは宇宙遊園地での遊びで楽しみ。

 

 

 

 


 

 その問題視している対象・相手も貴方自身も、良くも悪くも無いのです。
幸せも不幸も無いのです。悪いとか不幸だとそう解釈していた事とは、単に

お化け屋敷でお化けに遭遇したか、ジェットコースターが急降下して吃驚し
絶叫しているようなもの。その体験している「感覚」こそ貴方の存在の全て。

 

 その凹凸な体験こそが、人生の醍醐味。つまり宇宙遊園地・宇宙映画館の
アトラクション。その凸凹感覚を体験する為に肉体を纏い5感+αに加えて、
感情
をも「宇宙遊園地での体験」として、その感覚を楽しんでいるのです。

 日々日常での現実体験とはディズニーランド遊園地での遊び楽しみと同じ。
「世は無常」とは、その仮想現実での『実体の無い幻』。この仮想幻想宇宙
遊園地では、感情
体験アトラクション(→ 起こる出来事をひたすら体験
する事)で遊んでいるだけなのだから「全てが愛
の顕われ」で楽しみ。

 

 

 

 


 メリーゴーランドもお化け屋敷も全てが愛の顕われ。この現実宇宙には
愛で満ち満たされていたのです。最初から最後まで愛
しか無かったのです。
αからωまで、始まりも終わりもない、その無限の遊園地で遊んでいたのです。

 

 つまり肉体の社から出て=死去した後も同じ事。それは輪廻転生をも含め、

全てが宇宙現実遊園地の中でのアトラクション体験。全てが仮想現実の幻で
あり、そしてまたリアルなその感覚として体験を楽しむアトラクションです。


 言換えると、宇宙を創造したのが「私」と言う事は、宇宙はその大いなる
私の顕れ。つまり、私は私、貴方は貴方、貴方は私、私は貴方。そのどちら
かが、いずれかが「良い悪い」でなく、それらには元々隔たりが在りません。

 

 

 

 

                              4/7

    A7________shutterstock_26515612.jpgのサムネール画像のサムネール画像     

 

 

 

 

 

 何故なら全部が「宇宙を創造した大いなる1つの私」が転じ顕れた光の幻。

宇宙丸ごと1つが全部であり、全部で1つ。その全部の宇宙丸ごと1つが、
本当の「(全体の・全部の)私」、つまり「創造主・神」なのです。
(UNI-VERSE → ONE-reVERSE → 1つなる私が森羅万象・八百万の神に転じて投影)

 

 その1つの創造主の大きな私が、自己内(つまりこの現実宇宙遊園地)で
貴方や私や彼・彼女を顕現し、あたかも独立分離したかのような錯覚体験の、

つまり、多様性の体験を遊んでいる。「時間と空間を設定」して。

 

「袖振り合うのも多生の縁」の『輪廻転生』もが、幻想宇宙遊園地の中での

お楽しみの体験です。この壮大な人生ゲーム・ジオラマシティー・宇宙世界

そのものが「私の顕われ」つまり、全てが愛の顕われ。

 

 

 

 

 

 

 その「宇宙・現実」というキャンバス(空・無)に描かれ起こる「事象や
出来事」の全ては神の表現でアート作品。つまり貴方や私の存在とは、その
個性とは、忠実に神の手足筆先として、その「ありのまま」に心
に素直に
そのままに人生をアート・表現する事で「貴方や私」が成立しているのです。

 自ら然るべき在る姿、それが自然で本来の自分自身の姿。

 

 出来事として引き起こされた事象、つまりこの世界とは、全て私の顕われ。
全てが愛のそのもの。
全てが「創造主・神のアート」。つまり、愛しか顕現
表現されていなかったのです。元々、愛しか無かったのです。愛で満たされ、
満ち足りていたのです。不足欠乏とは機能不全な思考による単なる誤認です。

 

 

 

 

 

 つまり貴方(や私、彼、彼女、世の中・世界)自身は「既に完全完璧」。
この宇宙は元々、完全調和なのです。ですから、
何も足したり引いたりして
「努力・改善・向上」する
必要は全くありません。頑張って何かを克服する
とは「的外れ・お門違い」な誤解だったのです。全てを受入れるだけです!


 身体の症状や怪我のSOS信号とは、「そっちじゃないよ!(本来の自然な
姿は)こっちだよ!」と導き
知らせていたのです。それは正に愛のギフト!

それに伴う、怖れ的な闇的な感情体験ですら、愛の顕れだったのです。

 

 神のアート作品としての人間、感情体験を経験し進めていく事が「人生」。

それらのSOSメッセージとは、その人間ゲーム体験を、滞り無く進めていく
上での、導きのナビゲーションで天使エンジェル!宝の地図!だったのです。

 

 

 

 

                              5/7

 

    A8________shutterstock_33563992.jpgのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 例え、この幻宇宙が消えて無くなったとしても、または遊園地の外に出る
事で、感情
体験を伴った幻の人生物語映画がストップ上映されなくとも、
停電で感情アトラクション遊園地全体が止まったとしても、その幻体験の場

を宇宙遊園地を、創造し齎した源(みなもと)自体が、貴方自身の本体・正体。

宇宙遊園地として投影された光の幻の仮想現実を形成する、無常の「
波動」
の波形が「ゼロ・無」に戻り、消えて無くなってしまったように視えようが、
天地がひっくり返ろうが、一切関係なく。
貴方は貴方に変わりありません。
つまり「そのまま」の「貴方のまま」でよかったのです。

 

 言い換えると、目の前で何が起ころうが、どんな感情が沸き起ころうが、
または、何も起こらなかったとしても、それらの全ては、幻の「仮想遊園地」
での「リアルな感覚の悦びの疑似体験」。それは「幻想でリアル」な世界観。

 

 

 

 

 

 

 つまり、目の前のその悲惨な不条理な出来事は、その沸き起こった不快な
感情ですら、単なる映し出された、顕現された光の幻。映画スクリーン画面
に映った
その世界をずっと見続けてた為に、そのスクリーン画面・映画世界
の中に入り込み、
それが本当でリアルな体験として解釈・認識していただけ。

 この現実世界は、映画の世界と同じで幻想なのですから、安心してリアル
に恐怖体験を味わえる!幻想疑似体験だからリアルに体感出来る!
遊園地を
創造して
遊んでいただけ。何をしていても、何が起ころうとも貴方は貴方。
森羅万象の全てが私の顕れ、だから貴方は貴方のままで、そのままでいい。


 貴方は今ここで、宇宙とは、現実とは、幻の遊園地だと知りました。全て
が遊園地での悦びアトラクション疑似体験だと知りました。これまで頑なに
拒否してきた、不安や
悲しみや恐怖の感情を伴う体験でさえも、受入れて、
人生体験ゲームを進める事が出来ます。

 

 

 

 

 

    

 その赦し難い拒絶してきた感情を伴う体験とは、もう今は遊園地のアトラ
クションだと「知っている」のですから。その恐いに、悲しいに、怒りに、
飛び込み、迎え入れ、その体験をそのままに体験する事が出来ます。

 

 執着を手放すとはその執着する己を認め受入れる事。真実はパラドックス。
その避けてきた感情体験を「受入れる」ことで開放する事が出来ます。その
ゲームを次へと進める事が出来るのです。体験する事が目的で悦びですから。


 身体の叫びは、ハートからの強烈な導き、ナビゲーションのお知らせ。
それは非常ベル・サイレンが鳴ってるレベル。「気付いて!受入れて!」と、
愛の顕れ天使ちゃんが、身体を通じて、貴方を導いてくれているのです。

 

 

 

                              6/7

    A7________shutterstock_26515612.jpgのサムネール画像のサムネール画像     

 

 

 

 

 

 『汝自身を知り汝自身でただ在る』ヒントをこのヒーリング・セッション

を通して貴方は受け取ります。貴方にとっての、その時に必要な最善最適
ギフト(つまり体験そのもの)を受け取り、癒しのヒーリング
体験をします。    

 

 セッションでは「ブレーキ踏まずに体験を丸ごと受入れる」を経験します。
つまり、全てを体験する事への入り口。このセッションを切っ掛けに、日常

の生活においても「体験を丸ごと」受け入れ、人生を進めていく事でしょう。
それは導かれるままに、全自動で、楽チンに、優雅に。

 

 

 

 

 

 このリコネクティブ・ヒーリングのセッションでは、本当の自分自身に還
る道中のギフト体験として、怪我や疾患類が癒えたり、導きヒントの情報の
映像や光を視たり、サウンドを聴いたり、香りを嗅いだり、触感の様な重力
のような知覚をするなどし、
情報プログラムメッセージを受け取ります。

 

 例えセッションで何も感じなかったとしても、しっかり受け取れています。
例えば、その晩に夢でメッセージを得たりもしますので、大丈夫です。その
五感を越えた知覚領域が広がりもし、ちゃんと受け取れています。

 


 

 

 

 何事も頭で解らない事は、小難しい事は、「全てお任せ」丸投げするのが
一番ラクチンなのです。後は全て完全完璧にやってくれます。必要な時には
必ずナビで教え導いてくれています。全てを丸ごと受け取るだけでいいので
す。対処する責任から開放されるとは、何て楽チンな事だったのでしょうか!

 

 ハートで繋がる宇宙の源から、つまりこの現実世界の創造主である本当
自分自身(☆)から、その時に最善なギフトを受け取る「完全完璧な体験」
をする事でしょう。  (☆:愛・叡智・神・ Something great   etc..)

 

 


                              7/7

      A7________shutterstock_26515612.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 

   • 「リコネクティブ・ヒーリング / 概要」       →   

   •「癒しのヒーリング効果 と実際の報告事例」  →     (前項目)

    •身体の声はハートの叫び・導き愛の顕われ」→    (今ここ)
   •「このセッションで五感を越える体験が始まる」 →      (次項目)
   •「ヒーリング周波数 (波動) に情報が載っている」→     

   •「何処ででも、何方様でも、お受けになれます」 →   


 

                             ホームへ戻る → 

PAGE TOP